スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灯油ランプを試してみた

自走旅人、ばんちゃんです。

灯油ランプを試してみました!

私が購入したのは、DIETZのNO.30というモデルで、ニッケル仕様の日本初上陸モデルです。
灯油ランプ

芯を取り出してみました。
灯油ランプ
この芯1本で、なんと約3000時間も持つそうです。24時間つけっぱなしにしていても100日超!
とても経済的です。

芯をセット。これだと出しすぎなので、レバーで調整します。
灯油ランプ

そして、点灯!
灯油ランプ

とてもいい色です。
音もせずとても静かです。

ゆらゆら揺れる炎は気持ちを安らげてくれます。

早く実践投入してみたい。
12月にもう一回くらいキャンプをやりたくなってきました。
スポンサーサイト

日本唯一の灯油ランプ専門店?

自走旅人、ばんちゃんです。

以前から気になっていた、日本で唯一の灯油ランプ専門店の江戸川ランプさんに行ってきました。
江戸川ランプ

キャンプでLEDライトを使っていますが、どうしても光の広がりが弱い。
あと、雰囲気もない。

ガス式のランタンも有りますが、ホヤがすぐに壊れてしまうという理由で実用投入から遠ざかっていました。
実用的に使えて雰囲気の良い明かりはないか探していたところ行きつきました。

店内には灯油ランプがずらり!
灯油ランプは青森のランプの宿、青荷温泉で見たのが初めてで今回が2回目でした。
江戸川ランプ

色んなランプが有り迷っていたので、相談したところおすすめいただいたのが、これ。
江戸川ランプ

ハリケーンランタンです。

比較的風に強く、野外でも使えるということで購入を決定。
点火の仕方などを一通り教えてもらいました。
江戸川ランプ


惚れたのは、そのシンプルな構造と灯油の経済性。
複雑な可動部が一切なく、大事に使えば100年は持つとのこと!
燃焼中、家庭用の灯油ストーブよりも臭いがないことには本当に驚きました。
理由は完全燃焼しているからだそうです。そのため燃費も優秀で、
さらにわずか300mlで約20時間も燃焼し続けるという経済性の良さ!

さらにこの店では、映画やドラマなどから貸し出しのオファーが来るそうです。

写真のランプは、なんとパイレーツオブカリビアンに出演したそうです!
江戸川ランプ

他にも貴重なランプも多数店内にあり、いろいろと試したくなる欲求が湧いてきました。

危ない灯油ランプの世界に片足を突っ込んでしまったのかもしれません。。

長距離フェリーに乗るための準備とは?

自走旅人、ばんちゃんです。

フェリーに乗って、出港してしまうと車を停めている場所に入ることができません。
短距離フェリーなら問題ないですが、長距離ですと致命的です。

そこで、長距離フェリーの乗船経験で培ってきた乗船手続きから乗船までの準備や心得を記したいと思います。



1.食料を買い込むこと
フェリーに乗り込む前にコンビニやスーパーなどでお菓子やカップ麺などを買っておきましょう。
フェリーの中に売店もありますが、置いてある種類が限られているので自分の好きなものが買えないケースがあります。あとはちょっぴり値段が高いかと。。
港の周囲は割とさびしい環境でコンビニやスーパーが無いことが多いので、あらかじめ調べておくことをお勧めします。

2.車検証はすぐに取り出せるように
乗船手続きで車検証が必要になります。
車検証は取り出しやすい位置に置いておくことをお勧めします。とくにバイクの方はシート下に入れていることが多く、フル積載した荷物をいったん全部下さないといけないという悲しい状況にもなりかねません。タンクバックなどに入れておきましょう。

3.船に持ち込む荷物はあらかじめまとめておくか出しやすい位置に。
船室に全ての荷物を持ち込むわけにはいけません。
予め持ち込む荷物を小分けしておくか出しやすい位置に置いておきましょう。持ち込みたい荷物が奥底に紛れ込んでおり、荷物を全部ひっくり返さないといけないくなるとせっかくきれいに収めた荷物が旅の前にぐちゃぐちゃになってしまいます。


持ち込む荷物は両手と背中に
欲張ってあれもこれもと持ち込もうとすると移動が一苦労。周りの人にも迷惑です。
背中にリュック、両手に持てるくらいの重量と荷物量に抑えましょう。

次回は持ち込む荷物リストをご紹介します!


自走旅人 ばんちゃん

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

フォトブック完成

全国制覇を記念して作ることにしたフォトブックが完成しました!

今回できあがったのが「中部地方」版。

これまで撮り貯めた写真の中から各県2-3枚ずつを選定していきました。

ちなみに表紙は名古屋のオアシス21とテレビ塔です。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--フォトブック中部地方



フォトブックサービスをどこにするかを選ぶのもとても大変でした。

選定条件は、

1.製品が丈夫であること

2.画質が良いこと

3.比較的安価なこと


全部当てはまったかどうかは分かりませんが、今回選んだのは「My Book」でした。

フジのフォトブックに比べると丈夫さには劣るように思えますが、全体のバランスはいい感じでした。


トラベラーズノート

旅に行くときにいつも持ち歩いているもの。


カメラ、時計、そして手帳。


手帳はさっと取り出せてさっと書き込みできる手軽さとシンプルさ、荒っぽい使い方に耐えてくれる機能性を

求めていましたが、なかなか思い通りのものが見つかりませんでしたが、今年の初め頃に出会った「トラベラーズノート」

は、その全てを満足してくれました。

今では欠かせない存在になっています。


多少荒っぽく扱っても耐えてくれるレザーのカバーにリフィルをセットしてゴムで留めるシンプルさ。

ペン刺しは後から知り合いの人にお願いしてつけてもらいました。(すごく重宝!)
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--トラベラーズノート



表紙はこんな感じ。

各地の道の駅や観光案内所にあるスタンプを押しまくっています。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--トラベラーズノート


記録内容は、旅程とその日記。

1日の終わりに通ったルートや訪れた場所を思い返し

ながら記録します。

下のびっしり書いているのは北海道ツーリング記録。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--トラベラーズノート

場所によってはその日に訪れた場所のスタンプを

一緒に押しています。

道の駅によるたびにスタンプ。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--トラベラーズノート


そして、旅のチケット類。

下の写真は九州ツーリングのときのフェリーチケットです。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--トラベラーズノート


旅の記録に、そして旅のネタ・アイデアを気ままに走り書き。

情報をいっぱい貯めて旅をさらに楽しく充実させる辞書のような

存在に育てていきたいです。




にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ




にほんブログ村 旅行ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。