スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵元さんと本格焼酎を楽しむ会

今年もこのイベントに行ってきました!

今年は19蔵が参戦。


いつもながらすごい眺めです!


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--蔵元勢ぞろい

蔵元の着座はくじで決まり、私がいた場所にはぶんご銘醸様でした。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--蔵元の配席



銘柄は杜谷の黒麦、白、華麦でした。

黒は香ばしさが際立ち、華麦は麦を50%まで磨いた吟醸作りで甘みも香りもすっきり。

白はその中間といった感じです。


蔵元が直々にお酒を作ってくれます。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--酒作り

今回は仕込み水、前割りが準備されていてとても感動でした。


麦焼酎の美味しさを改めて実感しました。


そして、昨年種子島でお世話になった高崎酒造様との再会も果たすことができました。

種子島で買った蔵元オリジナルTシャツを着て参加しました!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--高崎酒造Tシャツ


あっという間の3時間。最後は奄美の踊りで会場の盛り上がりはピークでした。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--奄美民謡


焼酎ブームが去り、各蔵元とも頭を悩ませているそうです。

ブームだけ飲むのではなく、美味しさを本当に実感して流行に流されずに楽しむ人が増えればな~

と思いました。




スポンサーサイト

日本酒と旨い魚!

先週末、お世話になっている酒屋主催の「日本酒と寿司を楽しむ会」

に参加しました。


お酒は、玉泉堂酒造の醴泉シリーズ。

しかも!社長がご参加されており、直々にお酒のことをご説明してくださいました!

出てきたお酒は確か6か7種類。


ウェルカムドリンクは、活性にごり。

シュワシュワしてさわやかなのど越しですが、味はしっかり。


そして、普段だと絶対に飲めない純米大吟醸まで楽しめました!

本醸造の熱燗はやっぱりほっとする味。


そして、日本酒と合わせるおすしはこんなにいっぱい↓

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--日本酒の会お品書き


本マグロからあわび、山菜のこごみまで。

バラエティに溢れるメニューでした。

寿司を食べながら日本酒を飲んで、

まさに至福のときでした…



第3のビール飲み比べ

旅のお供はお酒。

もちろん自走旅人は、走り終わった夜に飲みますので誤解なく。。


今まで、第3のビールを邪道としてみていて
ビールか発泡酒しか飲まなかったのですが、

飲まず嫌いはよくない

ということで第3のビールばかりを買って飲み比べをしてみました。

飲み比べしてみたものは、
ホップの真実(キリン)
麦とホップ(サントリー)
麦搾り(アサヒ)

元々、味のある濃いビールが好きなので、
ホップ2倍や麦芽2倍など、第3シリーズの中でも軽くなく
より味がありそうな品を選びました。

結果は、

ホップの真実 
香りが華やかな感じ。ビール感はあまり感じられず軽い感じ。
飲んだ瞬間からアルコール感たっぷり。

麦とホップ
ビールに近い味わい。ただし、後味にアルコール感を感じる。

麦絞り
ビール感、アルコール感ともに、中間的な感じ。
一番、アルコール感やビールの味が苦手な人でも一番抵抗なく飲めると
思います。
また、アルコール度も一番高いのですが、むしろホップの真実の方が
高く感じるかも。

共通しているのは、あと味のアルコール感。
これがビールと決定的な違いだと思います。
あとは、酔い易さ。
個人的にビール・発泡酒3本よりも頭がいたくなるような印象です。


以前、もらいもので少しだけ飲んだドラフトワン・クリアアサヒは味が
すっきり・そして軽すぎて全く面白みにかけるものでした。
それに比べて今回のものは、特徴があってなかなか。

特に麦とホップは、ビールの味わいもあり代用として十分に耐えうることが分かりました。

まとめ、
安くてもビールのように飲みたい⇒麦とホップ

アルコールをがつんと楽しみたい⇒ホップの真実
(または、今回は含まれてないけど、ストロング7。これはすごい)

バランスよく発泡酒のように楽しみたい⇒麦搾り

個人の勝手な意見なので、こんなんじゃない!
ってクレームをよこさないで下さい。
(基本的に味音痴です)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。