スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地を旅で訪れたことについて

2011年に起きた東日本大震災から、本日で3年が経過しました。
震災当日は渋谷駅で地震に遭い、竹下通りの大型スクリーンで惨状を知りました。
2008年に旅で訪れた場所が津波で飲み込まれる様子を見て、言葉を失いました。

2012年、2013年と三陸海岸沿いをツーリングしました。
「観光」という名目で立ち入っていいのだろうか??
旅で被災地を訪れることはとても悩みました。

実際には、自分の目でしっかりと確かめたいという想いが勝り被災地に向かい、
三陸海岸沿いを八戸から南下するというルートを取りました。

被災地の様子



三陸海岸沿いの道はアップダウンがとても多いです。
登り付近にある土地や建物などは全く被害がなく、下ったところにくると
一気に更地になっていました。

震災の被害を強く感じたのは、宮古市以南。
過去の津波被害の経験から最強クラスの防災の町として有名な田老町も、報道されていた通り壊滅でした。
被災後の田老町

防潮堤が全く役に立たなかったことをその上にあった電柱が根本から曲がっていることが物語っています。
田老町の防潮堤

海が見えないようなところまで、民家がなくなっていることに本当に驚きました。
石巻
※写真は石巻

ガレキの山は2012年には、いたるところに山積み。
ガレキの山

2013年には囲いができてその中に収められていました。
ですが、まだその中には山積み。
まだまだ片付いていません。

変化がほとんど感じられなかったのは民家。
基礎の部分がそのままで全くといっていいほど復旧が進んでおらず、更地のまま。

被災後の住宅地
写真は2013のものです。
雑草だけがどんどん成長していました。

2013年はゴールデンウィークに訪れたので、いたるところで鯉のぼりが舞っていました。
女川の鯉のぼり

2012年に気仙沼市の鹿折のこの場所にあった陸に上がってきた船は2013年に撤去されていました。
保存の動きもあったそうですが、市民の意向から解体が決まったそうです。
陸にあがってきた船

感心したのが道の復旧です。
古い地図だったので、通行止めや迂回を相当覚悟していましたが、実際には主要な道路はほぼ復旧していました。

被災地の方々の想い


旅の途中に気仙沼の復幸マルシェに立ち寄りました。

キャラクターに惹かれ、たまたま立ち寄ったおやまはんこ店。
店主から震災当日のこと、その後、そして現在のことのお話をきかせていただきました。
おやまはんこ

震災直後は、テレビでもどんどん放映されていましたが最近は放送が少なくなっている。
そして、被災地は世間から忘れられつつある状況をとても心配していました。
実際には、震災から1年後の2012年もほとんど状況は変わっていないと言っていました。
私も現地を見て、その通りだと思いました。

店主に今回の旅の複雑な想いを話したところ、被災地に来てくれること自体が嬉しいとおっしゃってくださいました。

それは多くの被災地の方々が、被災地を忘れないでほしい、被災地の復興の現状をしってほしいという想いを持っているからです。
自分の目で真実を見て、現状を知り、そして旅から帰ったらたくさんの人に現状を伝えてほしい。
それが被災地の想いであることを初めて知りました。

テレビの報道は減っていますが、現状はまだまだです。
テレビだけではなく、その土地の空気を吸って自分の目で確かめることがとても大切です。
スポンサーサイト

テーマ : 一人旅 - ジャンル : 旅行

知らない人50人と写真を撮るということ。

仲間と主催している「The Game Club」の記念すべき第一回目のイベントで、

「知らない人達50と写真を撮る!」という企画を実施しました。


イベント内容は当日発表、参加者は少し緊張気味で、企画内容を発表したときには軽いざわつきがありました。


すぐに帰りたい、そんなこと可能なのか??というような意見がありましたが、とりあえずゲームスタート。

結果は制限時間1.5時間で、50組以上、計150人以上と写真を撮ることができました。


もちろん断られることもありましたが、


全ての人が受け入れてくれることはない拒絶されるのは当然。

絶対にできないと思っていたことができたので、とにかく行動することが大切。

仲間が大切。失敗したとき、仲間がいると慰めあいそして次の行動に生かすためにともに考える。


学び・気付きの多い一日でした。


たくさんの写真を撮らせていただきましたが、プライバシーの問題もあり

掲載は控えています。


そんな中で掲載OKだった写真を2枚掲載します。



ポーラ・ザ・ビューティー栄店の美人3人です。

ご協力ありがとうございました!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--The Game Club


こども園に反対する保育士団体の活動です。

保育が、産業化され、公共性がなくなってしまうことが

危惧されています。頑張ってください!!

詳しい情報はこちらで見ることができます「全国保育団体連絡会」
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--The Game Club


ワンチャンとも写真を撮りました!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--The Game Club

30代突入

本日、20代とサヨナラして30代に突入しました。


もっと若い頃は、30代はすごく大人で落ち着いていてしっかりしているもの。と思っていましたが、


実際に突入してみると、残念ながら全然そんなことはない。。


いつになったら大人になれるのでしょうか?


答えは40代になったら見えるのかな??


30代のうちに「大人の男」に成れるように努力します。

世界コスプレサミット

先週の土曜にふらっと大須に行きましたが、

なぜかコスプレの人が多く、BGMもアニメ系。


何かあったかな?

と思いながら大須観音のほうに行くと、コスプレ集団がわんさか!

外国人のコスプレイヤーも多数。


どうやら、8月6日は世界コスプレサミットの大須パレードの日だったようです。


ちょうど代表者の紹介をしていました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--世界コスプレサミット



せっかくだったのでパレードの様子を見学してきました。



ワンピースかな?

韓国代表だったような気がします。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--世界コスプレサミット


何のキャラか分かりませんが、お姉さんがきれいでした!

どこかの国の代表者だったと思います。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--世界コスプレサミット


セーラームーン様ご一行。

確か、オーストラリアの代表者。

タキシード仮面もちゃんといます。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--世界コスプレサミット


このキャラも不明。

どこかの国の代表だったと思います。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--世界コスプレサミット


ベルセルクのグリフィスかな?

結構衣装が凝っていました。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--世界コスプレサミット

何のキャラか不明ですが、目が光っていて、

すごく凝ったつくりでした。

左手に持っているリュックがシュールな感じです。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--世界コスプレサミット


のっぽさんまで!

ほかにもナビタイムのおじさんや「NO MORE 映画泥棒」の

映写機などアニメ以外のキャラも少し混じっていました。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--世界コスプレサミット


パレードの最後尾はドアラが。

カメラを向けるとしっかりとポーズを決めてくれました。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--世界コスプレサミット



鬼太郎を抱いたねずみ小僧。

夫婦や親子コスプレイヤーも結構いました。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--世界コスプレサミット



世界コスプレサミットの公式ページを見ました。

プロフィールに「あなたにとって日本とはどのような国ですか?」

という質問がありましたが、皆さんが本当に日本を大好きであることが

分かりました。文化や食べ物を賞賛する内容が多かったように思います。



風変わりなイベントですが、日本のアニメ文化のすごさを改めて

感じることができました。



セミの羽化

帰宅途中、道路の上をセミの幼虫が歩いていました。


おそらくこのままでは、掴まるような場所がなかったので潰されるかそのまま朝を迎えてアリの餌食に

なりそうだったので、自宅の木を羽化場所として提供することに。



持ち帰った幼虫は、鉢木をうろうろとして掴まる場所を探していました。

そして、ようやく上り始めて落ち着きました。


ちょっと間経ってから見ると、既に羽化が始まっていました。

21:53

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--セミの羽化



完全に殻から抜け出しました。

思ったより早い展開です。

クマゼミのメスのようです。

21:57
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--セミの羽化


羽がだいたい伸びきりました。

まだ白っぽくて、しわしわ感があります。

22:00

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--セミの羽化



羽がほぼ伸びきり、白っぽい色から透明に。

22:16

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--セミの羽化



羽が閉じきって、見慣れたフォルムに。

22:57

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--セミの羽化



これから先は、やわらかな体がどんどん硬くなっていき、

体色もどんどん濃くなっていくような感じでした
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--セミの羽化

翌朝、確認しましたが、既に抜け殻のみでした。

6:15

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--セミの羽化


全工程を見ることはできませんでしたが、
羽が伸びきって見慣れた姿になるまで約1~1.5時間くらいのようです。


久々に見ましたが、やはり姿が劇的に変化するのをみると

自然の神秘を感じます。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。