スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍泉洞

正解は龍泉洞でした。

龍泉洞は岩手県を代表する鍾乳洞で特に地底湖が有名です。
第1~第4地底湖まであります。
なかでも水深98mの第3地底湖はドラゴンブルーと呼ばれる世界でも有数の透明度を誇っています。
龍泉洞
写真でうまく伝わらないのがとても残念です。
洞内に設置された階段は急な箇所もあり、滑りやすいので注意が必要です。
もちろん、ハイヒールなどはやめたほうが無難です。

岩手県には有名な洞窟がもうひとつあります。
日本一の長さだといわれている安家洞です。

龍泉洞と同じ岩泉町内にあります。

総延長は現在判明している段階で23000mを超えています。
完全に観光化された龍泉洞と違い、こちらは観光客がとても少ないです。
ゆっくりと鍾乳洞が見たい、三脚を立てて撮影をしたいという方にはこちらがお勧め。
入洞前にヘルメットと上着を貸し出してくれるのでちょっとした探検気分が味わえます。

安家洞の神殿

龍泉洞の位置と周辺の観光


盛岡市から東に行ったところに位置し、森岡観光と一緒に楽しむことが可能なポイントです。
やや不便な場所にあるため車での移動をお勧めします。
岩手県内には洞窟が多数あり、記事中で紹介した安家洞のほかにも幽玄洞(一関市)や内間木洞(久慈市:許可が必要)などがあり、洞窟巡りが県内で楽しめます。
白樺が広がる早坂高原も見逃せません。
避暑地として洞窟や高原を楽しむ夏の旅がいいかもしれません。

大きな地図で見る

記事を書くに当たり参考にしたサイトです。
旅先でも使える情報が満載です。

岩泉町観光協会

岩泉町

岩手県観光ポータルサイト

死ぬまでに一度は行ってみたい!絶景が見られる日本の洞窟・鍾乳洞20選

洞窟どっとこむ

日本洞穴探検協会

日本洞窟学会

旅の前に勉強していくと旅の楽しさが120%UPします。
記事に関連する書籍をいくつかご紹介します。











スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

クイズです!岩手県の鍾乳洞

岩手県を代表する鍾乳洞です。

地底湖

ヒント
その水の青さからドラゴンブルーと呼ばれています。
地底湖の透明度は世界でも有数です。

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

鵜の巣断崖

正解は鵜の巣断崖でした。

7鵜の巣断崖

断崖の中腹にウミウの営巣地があることから名づけられたそうです。
5列にもわたる高さ200mを超える断崖絶壁の風景はまさに圧巻でした。

このあたりは絶景ポイントが多く、すぐ近くには北山崎という場所があります。
こちらも三陸を代表する絶景ポイントです。
遠くのほうには宮古市をうっすらとみることができます。
北山崎

鵜の巣断崖の場所と周辺の観光



鵜の巣断崖は、ちょうど大ブレイクしたNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台の久慈市と先日ご紹介したとどが崎がある宮古市の間にあります。

リアス式海岸沿いを走る道が多く、北山崎の他にも真崎、黒崎、弁天崎などのみどころポイントが多数あります。黒崎には国民宿舎があり日帰り入浴が可能な温泉とキャンプ場が併設されています。
ライダーにも旅の中継地としてお勧めのポイントです。

三陸を巡る日本の遊歩百選にも選ばれたトレッキングコースもあり、一日楽しむこともできます。

大きな地図で見る

さらに、内陸に行くと国の天然記念物にも指定されている日本3大鍾乳洞のひとつ龍泉洞もあります。
盛岡市からもそんなに遠くありません。

記事を書くに当たり参考にしたサイトです。
旅先でも使える情報が満載です。
旅で東北を盛り上げましょう!!

田野畑村

体験村たのはた

三陸ジオパーク

遊歩百選



旅の前に勉強していくと旅の楽しさが120%UPします。
記事に関連する書籍をいくつかご紹介します。









テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

クイズです!岩手県の三陸海岸の風景

高さ200mを超える断崖絶壁が続く、三陸を代表する風景です。

三陸海岸

ヒント
ウミウの巣が多いことから名づけられています。
北山崎と並ぶ三陸を代表する風景です。
田野畑村にあります。

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

奇跡の一本松(高田松原)

正解は奇跡の一本松高田松原)でした。


場所は陸前高田市です。
津波による被害を最も大きく受けた自治体の一つです。

現地を初めて訪れたときの印象は本当に「何もない」。

陸前高田市内


津波を受けて廃屋となった道の駅を見つけてこの場所が陸前高田市だとわかったほどでした。
道の駅高田松原

陸前高田市には高さ15mを超える津波が来たそうです。各地の津波の高さ(見方によって観測値にばらつきがあるようです。)
周囲の大きな建物が軒並み倒壊していることをみると、そんなに太くないこの松が流されずに残ったのはまさに奇跡だと思います。

2012年に訪れたときは、先日投稿した写真の原木でした。
その後立ち枯れしてしまったため、復元されています。

2013年8月に訪れたときは、復元されたものになっていました。(対岸より撮影)
奇跡の一本松

2012年と2013年で感じた違いは、道沿いや周囲にあるガレキがきれいに片づけられていたことくらいで住宅はまだ未着手といっていいほどの状況でした。

観光


陸前高田市観光協会のサイトを見ると、さかんに観光情報を発信していました。
宿も営業し続々とオープンしているようで、宿泊にも問題はありません。

陸前高田市の場所を地図で確認すると、世界遺産の中尊寺がある平泉、魚がおいしい気仙沼、かっぱ伝説の遠野も近く
観光基地としてもとても便利な立地です。

大きな地図で見る
記事を書くに当たり参考にした情報サイトです。
旅の情報源としても参考になります。

陸前高田市観光協会

陸前高田市

陸前高田市長が語る被災地の現状

世界一残酷だった“引き波”と“滝つぼ現象”の破壊力
被災地を見た地震学者が語る津波から生き延びる方法


テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。