スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉野山の桜

正解は吉野山の桜でした。

吉野山

吉野山の桜は、約1300年前の奈良時代頃に起源をもち以後ずっと日本人に愛され続けています。
現在は、約200品種、3万本の桜があります。



下千本、中千本、上千本、奥千本というエリアに分けられており
4月の上旬から下旬にかけて、次々に満開を迎えていきます。
奥千本が満開を迎えるころには、下千本はすでに葉桜になります。

私が行った頃はまだ下千本が満開になりはじめたころで、中千本より上はまだつぼみの桜も多く見られました。
4月中旬ごろが、全体的な見栄えもよくお勧めの時期といえそうです。

一番にぎわっているのは、吉水神社のある中千本付近。
吉水神社

お店や桜を眺めながらくつろげる茶屋スペースがあります。


眺めがいいのは上千本付近。
上千本からの眺め

坂道が続く険しい道のりですが、せめて上千本まで行くことをお勧めします。

奥千本まで行くとさらに人は減ります。
私は一番奥にある西行庵まで行ってみました。

西行庵への道

もはや桜という雰囲気は一切ありません。
歴史を感じる山道を歩きます。

公園にような広場があり、その中に西行庵があります。
西行庵1

正直、ちょっとあれっ?という感じでしたが私が勉強不足で無知だったからかもしれません。
東屋もあるので、休憩してここまで歩いてきた疲れを落とします。



桜だけでなく、世界遺産の紀伊山地の霊場と参詣道の一部としても知られています。
建造物としては、以下の寺社が登録されています。

金峯山寺蔵王堂(中千本)
吉水神社(中千本)
吉野水分神社(上千本)
金峯神社(上千本)

桜だけでなく、寺社巡りもよさそうです。

吉野山の場所とお勧めの巡り方、周辺観光




大きな地図で見る

吉野山付近の道は非常に狭いです。
桜の時期は観光バスも多く混雑は相当なものです。

おススメは8時までの現地入りです。
まだ観光バスが到着しておらず、ほぼ混雑していません。


私は、少し離れたところに車を停めて自転車で吉野山に向かいました。
吉野山と自転車

周辺には観光スポットがとても多くあります。
日帰りで吉野山を楽しむだけでなく、1泊、2泊しても十分なボリュームのある旅が楽しめます。

美吉野醸造
吉野山のふもと、国道169号線から吉野川を挟んだ県道39号線沿いにあります。
突然蔵に押し掛けた私に快く対応していただきました。
花巴
米の旨みが伝わる酒をモットーに純米酒造りをさせている蔵元です。清酒発祥の地ならではの珍しい菩提もと仕込みも見逃せません。

又兵衛桜
少し北にいった宇陀市には樹齢300年の見事に一本桜の又兵衛桜があります。
吉野山とセットで楽しむこともできます。

さらに明日香村の石舞台、長谷寺などがあります。

南部にはトレッキングと豊かな自然で有名な大台ケ原があります。

記事を書くにために参考にしたサイトです。
旅先でも使える情報が掲載されたサイトばかりです。

吉野山観光協会

私の芭蕉紀行

花山山本

美吉野醸造(花巴醸造元)

大台ケ原

旅の前に勉強していくと旅の楽しさが120%UPします。
記事に関連する書籍をいくつかご紹介します。











スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

クイズです!日本一の桜の名所

日本を代表する桜の名所です。

桜の名所

ヒント
・奈良県にあります。
・世界遺産に指定された寺社があります。
・豊臣秀吉が絶景じゃ!といって絶賛した場所です。


テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。