スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーナビの活用を考える

最近、カーナビで検索して目的地に行くということがスタンダードになっていると思います。
やっぱりカーナビは便利なので非常にお世話になっていますが、頼りすぎるのは危険です。
そこで、自分自身が考えるカーナビの長所・短所をあげてみたいと思います。

カーナビの長所
1.目的地まで迷わず行ける
これがなければカーナビとは言えません。スポット検索はカーナビのもっとも
得意とするところです。地図の中で目的地を必死になって探す必要がなく時間短縮になります。

2.時間が読める
目的地までの概算到着時間がわかります。この機能は非常に便利です。
到着時間が読めるので、1日の行動予定が立てやすくなります。

3.道路情報がわかる
特に渋滞情報が非常に便利です。
あらかじめ渋滞を発見できるので回避ルートを組みやすくなります。

4.都市部での利用
都市部は地方に比べて道が細かく入り組んでおり、一方通行などの交通規制も多々あります。
また、路上駐車はほぼきたいできないので、検索機能をフルに利用して駐車場をさがすことも可能です。


カーナビの短所
1.視野が狭くなる
目的地までのルートしか表示されないため、行程上におもしろい観光スポットがあってもあっさり
見逃してしまいます。

2.どこにいるのかわからない
頼りっぱなしにしていると自分が「今、どこを走っているのか」が全くわからなくなってしまいます。
また、ナビの設定によってはとんでもない道を走らされることや内蔵地図が古く遠回りさせられる
こともあります。


カーナビの賢い利用方法
地図を併用したほうがよいのは間違いないですが、地図が読めないという人も結構いるのでは
ないでしょうか。
そこで今までの経験からカーナビの特性を利用して最小限の機能を最大限に生かす方法をいくつか紹介します。

1.到着予定時間±30分
特に都市部では信号待ちなどの影響で到着予定時間から遅れることがほとんどです。
到着予定時間の精度をあげるような設定が色々できる場合もあるそうですが、
だいたい、30分-1時間くらい遅く到着しても良いくらいの余裕が必要だと思います。
逆に、信号の少ない地方部では30分ほど早くつく場合があります。

2.寄り道設定
目的地までに寄り道したい観光スポットがあれば、寄り道設定をうまく使いましょう。
カーナビはスポットには強いですが走る道を選ぶということはまだ難しいと思います。
そこで、観光道路ではない景色のよい道路を走りたいときは、その道路上に寄り道設定を
してわざとそのルートを走るようにカーナビにルート設定をさせます。

3.地点登録
元々内蔵されているスポットのほかに自分自身でスポットを登録することができます。
内蔵されていない「気になるスポット」はとりあえず登録することをお勧めします。
そのときは役に立たなくても旅の行程設計時に役立つことがあります。


自走旅の基本はやはり地図です。
目的地も大切ですがその行程は色々な発見が期待できるのでもっと大切。
しかし、便利なカーナビの機能をフルに利用すれば効率よく楽しい旅にすることが
できると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 旅の情報・準備 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。