スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶臼山の芝桜【愛知】

愛知県の最高峰で、冬はスキー場になる茶臼山に行ってきました。
目的は、芝桜。
茶臼山ではスキーのオフシーズンを利用して、この時期に芝桜の植栽を行っているらしい。
yahooのニュースで見ごろとの情報があったので、ツーリングを兼ねてお出かけ。


有料道路だった茶臼山高原道路が、4月13日から無料になっておりアクセスは非常に便利。

行きは無料とは知らず、国道151号から県道506号に抜けるルートを利用。
頂上から2kmのところで渋滞が発生。
頂上の駐車場付近は大渋滞。
こちらはバイクだったので、スイスイ進入ができて渋滞知らず。
芝桜は、スキー場の頂上付近にありそのためにリフトが使われていますが、リフト券購入まで30分待ち、リフト乗車まで10分待ちといった状態。
徒歩で登ると約10分。
しかし、スキー場ということもありかなりの急勾配なので、足が弱い人にはお勧めできない。
ようやく頂上について現れた風景↓
茶臼山の芝桜

まるで絨毯のような一面に広がる芝桜。
他ではあまり見たことのない景色で、なかなかの見物。
また、頂上からはるかかなたに岐阜のほうの山も見えて景色も良好。

帰りは無料の茶臼山高原道路を利用。
15時過ぎで帰りルートは渋滞なしでしたが、頂上に向かう方向は概算で8km位の渋滞。
流れはほぼ停滞、17時で駐車場が閉鎖するようなので渋滞の最後尾辺りはおそらく渋滞で
一日が終了。。。

空いている時だったら名古屋から約3時間くらいでつくので、日帰りで行くのは「有り」。
けどこの時期だけは、渋滞と芝桜を天秤にかけると「無し」だと思う。
どうしても見たい場合は、プラス1.5時間ほどかけて国道151号ルートを利用するか、茶臼山の
ふもとに前泊すべき。

あの渋滞は有り得ないほどひどい。
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

名古屋市内でホタルを見る

名古屋市内にある相生山緑地にヒメボタルを見に行ってきました。
今年でホタル観察は4年目。

就職して名古屋に落ち着き、ふと思い出したのが学生の頃に見たニュース。
あいまいな記憶をたどりながらネットで検索、それらしき場所に何度も通い詰めて、
地元の人に聞き込みしつつようやく去年、いいポイントにめぐり合えた。
そして、撮影できた写真がこれ↓
ヒメボタル
(何とか撮影に成功しました。)

そして、今年の撮影結果がこれ↓
ヒメボタル2009撮影
多重露光を利用して、少し重ねてみました。

光り方は独特で、
光りだすときは一斉に光り始めて、光終えるときも一斉に光り終えます。
日付が変わる頃(12時頃)から、だんだんにぎやかになってきます。
またゲンジボタルと違って、イルミネーションのようにちかちかと点滅するように光ります。

この場所は、日本で有数の生息地だそうで、
条件が最高に整ったときは物凄いことになるそうです。

発生期間は、5月頃。
よく見られるのは、5月の第2-4週くらいのようです。
(毎年、5月の20前後に見に行くようにしています)


実はこの場所、この場所を貫通する道路建設計画が着々と進められているようです。
「愛・地球博」と銘打った万博を主催した市が、こんな貴重な自然を破壊しようと
しています。
(元々、万博会場も海上の森を破壊しようとしていましたし。。)
環境・自然保護といい言葉を並べてアピールしていますがお役人様は、外面だけのようですね。

テーマ : 名古屋・愛知 - ジャンル : 地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。