スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅のあと仕舞い。

旅から帰った直後は、

今までの辛かったり楽しかった「非日常」から「日常」に戻ることになります。

ちょっとした放心状態になることが多々あります。


しかし、そんな状態でぼーっとしていることは私には許されていません。


旅から帰ったら、必ずやることが私を待っています。

それは「旅のあと仕舞い」です。



まずは、洗濯。

旅で汚れた衣類を一気に洗濯します。


そして、洗濯している間に入浴。

たっぷりと浴槽に湯を張って、汚れと疲れをしっかりと落とします。

温泉もいいですが、いつも使い慣れているお風呂はやっぱり落ち着きます。


お風呂から上がったら、ゆっくりする暇も無く食器洗い。

旅で使ったコッヘルなどを洗います。


そんなことをしているうちにあがってきた洗濯物を干します。


洗濯物干しが終わってもまだまだ「後仕舞い」は終わりません。


旅道具の掃除がスタートします。

カメラの清掃を中心にすぐにやったほうがいいことを一気に仕上げます。


次々と終われるような作業を終えてようやくとひと段落。。


日本酒をコップに注ぎます。

一口飲むと、体にふわーっとお酒が染み込んでいき、


「あ~~っ、うまい。。。」


思わず声が漏れてしまいます。



そして旅の写真を見つつ、旅を回想します。

記憶が新しいうちに行程を思い出し、旅の途中で書くことができなかったが

できなかった旅での発見、思ったことをトラベラーズノートに記録します。

ツーリングマップルには旅の軌跡をしっかりと残します。



お酒をちびちびと楽しみながら、


あの場所の景色は最高だったな、

あの料理、おいしかったからまた食べたいな、

あの場所にいけなかったから機会があったらもう一回行こう、


こうして色々と考えている時間が


「旅に行ってよかった!」


と思える至福の時間です。


スポンサーサイト

知多半島ツーリング

そろそろ、春です。


ツーリングの季節到来です。


バッテリー上がりを防ぐためにはずしていた端子を接続。

ほとんど動かしていなかったため冷え切っていたエンジンを暖機。


今年の100km超ツーリング初めは知多半島一周に決定。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--知多半島一周

近すぎて行かなかった、けどいつかはやりたかった知多半島一周。


名古屋からちょっと離れただけで、気持ちのよい海岸線。

羽豆岬からみた海は、名古屋港と違って澄んだ青色。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--羽豆岬(知多半島)


地元産野菜の直売所が多い。


そして、魚ひろば。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--魚ひろば(知多半島


新鮮な魚介類を販売する直売所です。


この時期旬の「小女子」が並んでいます。

特徴的と感じたのが、海老販売の多さ。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--魚ひろば(知多半島)


えびせんの販売もやっていました。


武豊町では醤油や味噌の醸造所も多いようです。


新鮮な魚介類・野菜類、

常滑の焼き物、

半田の酢、

武豊の醤油と味噌、


器から料理まで全部そろっています。

知多半島には自然と歴史がギュッと詰まっていました。

こんなに色々なものが豊富は場所も珍しいのではないでしょうか??


醤油は和歌山に買いにいくほど大好きな調味料なので、

今度はゆっくりと武豊の醤油蔵めぐりをしてみたいと思いました。








総走行距離:約150km。




月ヶ瀬の梅林

天気がよかったので、以前から行きたかった梅見に行ってきました。

場所は月ヶ瀬、関西ではかなり有名な梅林だそうです。


10時前頃に現地着。

すでに多くの人でにぎわっていました。


そして、肝心の梅は、


なんと満開!!



ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--月ヶ瀬梅林

これだけの梅を見たのは初めてでした。

そして、風が吹くとほのかに梅の香りが漂います。


ここは規制もなくかなり自由で梅林でお弁当を

食べている人がたくさんいました。


天気がよかったので、こういう楽しみ方がいいのかもしれません。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--月ヶ瀬梅林

色々な品種が植えられており、

枝垂梅も見事!
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--月ヶ瀬梅林

個人的に気に入ったのが、これ。

がくの部分が渋めの紅色、花びらが淡いピンク色。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--月ヶ瀬梅林


メジロも梅を楽しんでいました。

花札の梅にウグイスのような感じで雰囲気があります。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--月ヶ瀬梅林

ただ、メジロは花のみつを吸うのでつつかれた花は

すぐに落ちてしまいます。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--月ヶ瀬梅林


12時ごろに現地を離れましたが、一帯が物凄い渋滞でした。

ここを訪れる場合は、なるべく早めにきてゆっくりするのがよさそうな

感じです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。