スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取で脅威の建物を見た!

つい数週間前に鳥取に行ってきました。



目的地は鳥取県唯一の国宝です。


その場所は滑落事故が後をたたず現在は、こんな状態。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--投入堂注意書き



さらに入山前には、

登山届けの提出、

靴底チェックがあり、


靴底チェックでひっかかると、


強制的にわらじに履き替えさせられます。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--投入堂わらじ


かなりの確率で女性は靴を履き替えさせられていました。


入山前には護符代わり?のたすきを渡され、

これをかけて国宝見学に向かいます。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--投入堂たすき


標準行程はおよそ1時間ちょっと。


鎖場なども標準装備され、両手を使いながらでないと

登れないような場所ばかりの修行のような場所でした。


そしてたどり着いたのは国宝、投入堂。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--投入堂

岩場にすっぽりと収まっていて、周囲は完全に断崖絶壁。

柱は岩の上に置かれているだけのように見えるし、入り口も見当たらない。。


建物自体はすごく地味ですが、不思議いっぱいの魅力にあふれた場所でした。





スポンサーサイト

ゴールデンウィークツーリング2010 大山登山

登山コースもろくに確認せず、持っているのは観光案内所でもらったパンフレットだけ。


いよいよ登山開始です。

大神山神社から元谷を横切るコースです。


元谷から頂上を眺めます。写真左のほうが頂上です。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--大山元谷

久々の登山で、かなりバテバテ。

森林のコースを抜けると、一気に視界が広がります。

6合目付近。


すでにふもとが小さく見えます。

遠くにかすんで見えるのが日本海。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--大山登山途中

休憩もほとんどとらず、せっせと登り約2時間で頂上に到達。

特に難所もなく、景色のよい尾根沿いを登るコースでした。


中国地方の最高峰(1710m)を制覇しました!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--大山頂上


久々でしたが、とても爽快な気分。

何度も何度も「やったーっ!」と声が出てしまいました。

登山の醍醐味はこの達成感だと思います。


頂上でようやく持ってきた板チョコを食べて体力を回復。


頂上から見る景色は最高です。

この日は本当に雲ひとつ無い最高の晴天でした。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--大山登山


帰りは、景色を楽しみながら下山。

約1.5時間。


下山後、どっと疲れが出てしまいましたが、

ツーリング途中の登山もなかなかアジがあっていいもんでした。


ゴールデンウィークツーリング2010 本土へ


翌日、隠岐の島を少しぐるぐるっと周りました。

泊まった中村キャンプ場のすぐ近くに、

水木しげる先生の銅像とでかい松の木がある小学校がありました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--中村小学校

水木先生の本名は武良といって、ここの地名の旧名は「武良」

水木先生自身は、この地区がルーツだと考えているそうです。

と同じだそうです。

銅像の碑には「隠岐は水木サンのルーツです」とあります。


銅像はこの松の木の周りで行われる「武良まつり」で踊る姿だそうです。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--唐傘の松


少しの間の観光を終え、フェリーに乗り込む。

本土へ帰還です。



島根についたのは、もう18時前。

遠くにいける時間ではありません。


境港のマリーナにキャンプ場があるということでそこに行ってみると、

フェリーの中で会った人に再会。

その人もここに泊まるということだったので、一緒に風呂、そして夕飯。


夕飯はもちろん寿司!

境港は、回転寿司でもあなどれないくらいうまい。

水木しげるロードもいいですが、寿司をはずすともったいないかも??


この日は旅に出て初めて一人ぼっちじゃない夜でした。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--境港公設マリーナキャンプ場

翌日、雲ひとつ無い晴天。


中国地方で最も高い山、「大山」がよく見えます。



大山に登ると気持ちいいかも??


そんな考えがふと浮かびました。



とりあえず大山のふもとまでいき、観光協会で、


Q1.往復時間は?

  A「約5時間」

5時間は余裕を見た時間、ということは片道約2時間?

いけそうな気がする。。


Q2.頂上の気温は?

  A大体5-10℃前後

思ったより寒くない。


標高1500mを超える山は大学のときの宮之浦岳(約1930m)以来。

テント3泊という危うさ。


少しためらいもありましたが、決心をしてのぼることにしました。



続く。。















ゴールデンウィークツーリング2010 隠岐の島町


西ノ島からフェリーに乗り隠岐の島に上陸。


西ノ島とは比べ物にならないくらい人が多くてびっくり。

かなり栄えている感じでした。


とりあえず島をぐるっと一周することが目的。


まずは、日本の滝100選の「壇鏡の滝」へ。


この滝は裏見の滝として有名ですが、

現在は崩落の危険があるため裏側に立ち入り禁止。。


仕方なくぎりぎりのところで撮影。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--壇鏡の滝

そして、隠岐の島一番の見所であるローソク島へ。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ローソク島
思っていたよりもずいぶん小さい。。

名前の由来になっているように夕日がローソクのように

なっていないと真の力を発揮できないようです。


ぐるっと周って内陸へ。


乳房杉です。

推定樹齢はおよそ800年。

ということは鎌倉時代くらいからあったということ??


幹はいくつにも分岐し、地面に向かって乳根と呼ばれるものが

伸びており、今もなお元気に生長を続けているそうです。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--乳房杉

大きな杉を見ることはありますが、このような姿の杉は

見たことがなくまさに「驚き」の一言でした。


夕方近くなってきたので、今晩の宿「中村キャンプ場」へ。


ちょうど売店の店じまい中の管理人に出会い、


「飯を食べたか?」と聞かれ、


「食べていません」と答えると、


「じゃあ、ご飯を食べさせてあげる」と


しまいかけの店をまた再オープン。


名物のさざえ丼。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--さざえ丼

大量のサザエを卵でとじて、サザエの味が十分に

堪能できる一品。

だしはあごだし(とびうお出汁)で甘みがあってとても美味しい。

このボリュームで500円!


管理人さんもとても面白い人で色々な話を聞かせてくれました。


海辺のサイトにテントを張り、今夜はここで一泊。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--中村キャンプ場

ちなみにこの日も私以外誰一人宿泊者はいませんでした。。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。