スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ツーリング2010 4日目

4日目 富良野 ⇒ 美瑛 ⇒ 道道106号 ⇒ 稚内

総走行距離:約446km



富良野を出て、大好きな場所「美瑛」へ。


いつもは初日や昼間など通過でなかなか時間が取れなかったポイントですが、

今回は無理やり富良野で泊まるプランを組んで、美瑛をゆっくり満喫できるように設定しました。


有名なポイントは一通りいったので、今回は「自分だけの風景探し」

たっぷり3時間、丘を楽しく迷うことができました。


畑が続く丘、点在する木々、その景色はやっぱり日本離れ。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--美瑛

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--美瑛

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--美瑛

美瑛を楽しんだら一路稚内を目指します。


旭川から西に進路をかえ、北竜町のひまわり畑に寄り道。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--北竜ひまわり畑

見えないくらいびっしりと約100万本(日本一)のひまわりが咲いていました。

が、かなり観光地化された雰囲気で少しがっかり。


個人的には規模は10分の1(といっても10万本)の名寄

のほうの雰囲気が好み。



そして北海道の西海岸線のオロロンラインを走り、

最も北海道らしい道、「道道106号」へ。




何もない原野に60km以上信号がない道が続きます。


まずは、20基以上の風車が出迎えてくれます。

奥の風車が見えないくらいです。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--道道106号風車群

そしてひたすら続く直線。

とにかく地平線。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--道道106号

何もないところをただひたすら直線だけが続きます。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--道道106号

「これぞ北海道!!」という感じの道。

左には海、右には原野が広がる。


1頭のエゾジカが逃げもせずじっとこちらを見ていました。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--サロベツ原野

そして、稚内へ。

久々に建物が見えるとほっとします。


目的地は、みどり湯。

銭湯兼ライダーズハウスのライダーにとても人気のある宿です。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--みどり湯


おかみさんがとっても面白かった。

自己紹介タイムにはミラーボールが回るという独特の演出も!
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--みどり湯


そして、この宿の恒例行事は「大空と大地の中で」をみんなで

肩を組んで強制的に歌わされること!


初めての体験でしたが、とっても面白かった!


そして、おきまりの記念撮影。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--みどり湯


チャリダーやフリーター、親子ライダー、先生から主婦まで

「旅」というキーワードだけでこんなにワイワイと盛り上がれる、

とても有意義な時間でした。


みどり湯のブログ (8月10日)にも載ってしまいました!

肩を組んで歌っている写真も載っています。


スポンサーサイト

北海道ツーリング2010 3日目

3日目 日高 ⇒ 襟裳岬 ⇒ 帯広 ⇒ 富良野 

走行距離:約410km


宿を離れて一路襟裳岬へ。


お馬さんがいっぱいのサラブレッド街道をひたすら南下。


途中に特に寄り道もせずおよそ150km。


前回、悲惨なくらいの強風と雨でいい思い出のなかっ襟裳でしたが、

風も穏やかで天気もまずまず。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--襟裳岬


日高山脈が海に落ち込んでいくところを見ることができました。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--襟裳岬

襟裳岬は岬度はあまり高くないですが、周囲の崖の様子が

結構見ものです。

襟裳岬から怖い思い出しかない黄金道路を少し通り、帯広へ。


帯広に到着前にちょっと寄り道したのが、幸福駅。

駅名が縁起物。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--幸福駅

駅舎には名刺がびっしり貼り付けられていました。

お土産に幸福駅のきっぷが売られていました。


目的地は六花亭本店でしか食べられないサクサクパイ。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--六花亭サクサクパイ

見た目はまったくフツーのパイですが、

驚くのはその賞味期限の短さ。

なんと、3時間!

パイのサクサク生地が保てる限度だそうです。

生地のサックリ感と中のクリームが最高でした。




帯広を離れて、一路今晩の宿泊地となる富良野へ。


前回の旅で、「生とうきびがすごく美味しかった!」

と聞いていたので、今回はぜひ!と思っていて

たまたま休憩した道の駅「南ふらの」に、

ありました!


美味しそうな写真じゃないですが、生とうきびです。

しかも幻といわれているピュアホワイトじゃないですか!!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ピュアホワイト

一口食べたら、果物と間違うようなびっくりするようなジューシーな甘さ。


夢見心地気分で、今回の宿「ライダーハウス由縁」へ。

びっくりするのがサービスのよさ。


まずは、屋根つき車庫。

風呂無料、布団あり。

キッチンも冷蔵庫付でタダ。

さらに洗剤使い放題で洗濯機も無料。

乾燥機まで使い放題で無料!!


このサービスでなんと1000円。

富良野の街にも近く非常に便利な場所でした。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ログ由縁


到着時に車庫前で知り合ったライダーと一緒にお風呂に入って

その後はご飯。

連泊ライダーと合流して、北海道の怪談話で盛り上がりました。






北海道ツーリング2010 2日目

2日目 フェリー ⇒ 苫小牧

走行距離 約30km


このフェリーは新潟を23:50に出発し、翌日の17:30頃に苫小牧に着きます。

つまり、この日はフェリーがほとんどメイン。

周りには海だけが広がっています。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--フェリー


けど、ぜんぜん暇ではありません。

同室になったライダーに声をかけて、一緒に食事をしたり北海道の行程を確認して

情報交換をしたり。

船内のホテルのように広いので暇つぶしは何でもできます。


そんなこんなで、フェリーが到着。

やっぱり本州とは空気が違います。


下船後は船をバックに記念撮影。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--記念撮影


これからの旅の無事を祈りわかれました。


この日はもう夕方だったので、宿に泊まって北海道初日は終了。


この日の宿は、とほ宿の夢民村

ログハウスの雰囲気のよい素敵な宿でした。

夕食は豪華にステーキ!

とてもやわらかくて味があっておいしかったです。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--夢民村夕食

偶然、焼津市民のチャリダーに出会い、魚河岸シャツで意気投合!

魚河岸シャツを持っていない人も含めてみんなで記念撮影!!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--魚河岸シャツ

多分道内で一番魚河岸シャツ密度が濃い場所だったと思います。

北海道ツーリング2010 1日目

今年の夏は迷いに迷った挙句、結局北海道に行くことにしました。

2007年に初めて行ってその広さに感激し、鳥肌が立ったのを今でもよく覚えています。

今回は、2007、2009にひきつづき3回目の北海道になります。


1日目 自宅~新潟港

走行距離:約505km


今回は前回と前々回の反省を踏まえて荷物の量をぐっと減らしました。

バイクを旅仕様に整えいざ出発!


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--準備完了!


舞鶴、敦賀の便が取れなかったためやむを得ず新潟へ。。。

新潟までの道のりは結構長く、ちょっとしたツーリング気分。


上越あたりまでは一気に高速で、そこからは海岸線を楽しむために

下道で。


その甲斐あって途中、海岸沿いできれいな夕日を見ることができました。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--新潟の夕日

遠くに見える島は佐渡島です。


夕日を楽しんだり、温泉に入ったりしてフェリー乗り場につくまでの所要時間は

およそ10時間。


フェリー乗り場にはすでにバイクがあふれていました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--フェリー乗り場にて


こんだけバイクがいてもほとんど大型車で250ccのオンロードバイクは少なかった。

初日は北海道の前哨戦として新潟ツーリングを楽しみました。



ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--サッポッロクラシック


船内についたら定番のサッポロクラシックで乾杯!


長良川花火大会

7月31日、長良川の花火大会に行ってきました。


普段は人の多いところは避けていますが、

これだけは違います。


見る価値がある!


広い河川敷に座ってじっくりと観覧できます。

ちなみに人出はこんな感じ。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会観覧者



約3万発の花火が打ち上げられます。


これでもかっ!!


というほど、花火をアップしましたので、

花火大会の雰囲気を味わいつつ、お気に入りの1発を見つけてください。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会



ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会


最後の締めに近づくと、ナイアガラ。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--長良川花火大会



よそ見する暇もないくらい立て続けに打ち上げられる

花火は圧巻。

自然に歓声があがり、拍手が聞こえます。


今年はこんな感じでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。