スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開田高原でそばを食べよう

開田高原にそばを食べに行ってきました。


当日は台風接近中という最悪のコンディションの中、直撃はないと判断して決行。


雨は降っていましたが小降り、現地に着くころには雨はやんでいました。

そこで、おなじみの地蔵峠ルートで行くことに。


まずは唐沢の滝。

思った以上に紅葉が綺麗でした。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--唐沢の滝

滝は空模様に関係なく楽しめるのがいいところ。


そして、地蔵峠の展望台へ。

ここからは御嶽山が一望できます。


が、当日は曇り空のため全く山の姿がみえず。

雲に隠れる御嶽山もなかなか良いことを発見しました。



ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--地蔵峠

山肌はしっかり紅葉しているような感じでした。


ちなみに晴れるとこんな感じでやまがどーんと正面に見えます。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--地蔵峠
※2008年撮影


そして、メインの蕎麦屋へ。

大目旅館とふもと屋で悩みましたが、

今回はふもと屋へ。

メニューにすんきとうじはないのですが、頼んでみると

快くオーダーを通してくれました。

ふもと屋の裏メニューを発見しました!
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--すんきとうじそば

そばでしっかり体を温めたあとに、開田高原アイスクリーム工房で

冷たいソフトクリームを食べてリセット(?)


木曽馬の里へ。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--木曽馬


馬は放牧されておらず厩舎にほとんどいました。

なんだかつまらなさそうな顔をしています。


ちなみに晴れるとこんな感じ。

青空、白樺、草原、そして木曽馬。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--白樺と木曽馬

木曽馬の里でいっぽん綺麗に紅葉した木を

発見。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--紅葉


比較的きれいな葉っぱが多かったので

少し紅葉狩りをさせていただきました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--紅葉

台風の影響が懸念されましたが、結局雨はほとんど降らず

たのしく旅行を満喫できました。


総走行距離:約350km

スポンサーサイト

富士山尽くしでおもてなし

先週末、母親、おばあちゃん、叔母さんを連れて伊豆・富士山周辺に行ってきました。


行程は完全にお任せされていたので、今までの旅知識を動員。

参加者は西日本人なので富士山が思いっきり堪能できるようにコースを設定しました。


1日目。


昼前に待ち合わせ場所で全員をピックアップ。


この日は曇りで富士山がまったく見えなかったので、中伊豆コースに変更。


曇りでも楽しむことができる修善寺を散策し、100名瀑の浄蓮の滝、黄金崎を周って宿へ。


宿では母親、叔母さんが大フィーバー。

岩崎宏美、中森明菜と往年の名歌手の歌をこれでもかっ!っていうほど聞かされました。


おばあちゃんは喜寿(77歳)になるけど、なかなかの飲みっぷり。

まだまだ元気だと安心しました。


翌日、おもいっきり快晴!


昨日周れなかったコースを周っていきます。


まずは、だるま山高原レストハウスから眺める富士山。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--だるま山高原展望台

ここから眺める富士山はニューヨーク万博に出品され、

大絶賛された日本一とも言われる富士山スポットです。


自分自身、雲がまったくかかっていない状態で見たのは初めてでした。


富士山を眺めながらの西伊豆の海岸線ドライブを楽しみながら、富士山に徐々に

接近、富士スカイラインを通って、新富士五合目(富士宮口)に。



ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--新富士五合目

震えるような寒さを予想していましたが、全くの無風で外気温は20度を

超えるぽかぽか陽気。

雲の上にいる不思議な雰囲気を思う存分楽しんでいただきました。


そして、ちょっとお土産と小腹を満たすために朝霧のミルクランドへ。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ミルクランド

ここでは地元で絞られた牛乳を使ったおいしい特産品を買うことができます。

予想通り、大量のお土産を買っていました。


次は、富士山ではなくて滝。

自分がこれまで見てきた滝の中でも一押しの白糸の滝。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--白糸の滝

数日前に降った雨のおかげで豊富な水量!

太陽の関係で虹がかからなかったのがちょっと残念。


そして、最後の締めはさった峠。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--さった峠

駿河湾越しに富士山が眺められます。

この景色は東海道五十三次にもおさめられている

歴史的にも貴重な風景。

※東海道五十三次と同じような景色が現存しているのは

ここだけらしいです。



最初から最後までとにかく富士山尽くし。

外れなしで出せるものは大体出し切ったつもりです。



自分の好きなように動く旅行と他人に喜んでもらう旅行は勝手が

大分違いましたが、喜んでくれる様子を見ると自分の知識が役に

たったとうれしいものです。


総走行距離約790km。









2010さんま祭


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--さんま大量

秋といえばさんま!


仲間内で毎年やっているさんま祭の時期がやってきました。


今年は仕入れが大丈夫かどうか不安でしたが、調達チームから50本の仕入れを確認。


卸をやっている魚屋で買うので鮮度は抜群。

身はピカピカ、眼もにごっていません。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--さんま


これらは一気に刺身に下ろされました。


そして、定番の塩焼き!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--さんま塩焼き


やっぱりこれが一番おいしいです。


夜も更けてきて、キャンプらしくいい感じに。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--夜の風景


焚き火もいい感じ。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--焚き火


そろそろさんまに飽きてきたころ、

その場でじっくりとつくられた即席の燻製(熱燻)&天然鮎の塩焼き。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--燻製たち

鮎の塩焼きは無残にも網の下敷きになってしまっています。

たまごの燻製がとてもおいしかった♪

明太子は味が凝縮されて塩辛すぎたー。


インターバルを置いて再度、さんまを投入。

酒がまわっていて面倒なので一気に!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--さんま大量


やっぱりビールや純米酒とさんまはあいます。



翌日、やっぱり残ってしまったさんまをいただいて、

家で味噌煮に調理。


今回は、九州の麦味噌仕立てで生姜と生しいたけを

いっぱい入れました。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--さんま味噌煮


できあがり。
煮崩れせずまあまあのでき。

しいたけが味噌と魚のうまみをたっぷりと吸い込んでいました。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--さんま味噌煮








香川うどんドライブ

3連休2日目の10月10日、

特に用事もなく予定もなく、おとなしくすごそうと思っていました。


しかし、外は快晴。

この時期は暑くもなく寒くもなく、とても過ごしやすくて旅行には最適の時期。


で、


どうしても外に出たくなったので、とりあえず四国に行くことにしました。


ツーリングマップル、0円マップ、四国読麺本をもってとりあえず出発。


昼過ぎに出発し、明石海峡大橋をわたるころに夕焼け時期。


淡路島のサービスエリアから眺める明石海峡大橋と神戸の風景。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--明石海峡大橋


徳島に渡ってから一気に香川へ。

とりあえず、金刀比羅宮から眺める夜景がきれいだったのを思い出したので、

目指してみました。


21時30分ごろ、人がほとんどいないことを前提に近づいてみると、

なぜか人だかり。

路上で何かやっている人とそれを見物する人々。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--金刀比羅宮例大祭


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--金刀比羅宮例大祭


以前来たときとはまったく違うにぎやかさ。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--金刀比羅宮例大祭



そして、その集団を通り過ぎて石段にさしかかると

今度は神主風の人たちの行列!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--金刀比羅宮例大祭


えらそうな格好をした子供も。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--金刀比羅宮例大祭


土産物屋の人に聞くと、


これ↓でした。(何や、知らんのかっ!みたいな顔されましたが)

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--金刀比羅宮例大祭


行列は頂上付近まで途切れることなく、

最後尾には重そうな御神輿が。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--金刀比羅宮例大祭


調べたところでは、重量は1トンを超えるそう。

これを担いで700段以上ある石段を降りていく。。


運がいいのか悪いのか、超偶然に1年で1度の大きな

祭りに遭遇してしまったようです。


そして、お目当ての夜景。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--金刀比羅宮夜景

写真には不満が残ります。




翌日はうどんツアー。

まずは、かなくま餅。


餅屋がつくるうどんです。

ちからうどんをオーダー。

「さぬきの夢2000」といううどん用に開発された新品種を使っているとの

こと。

通常のさぬきうどんよりつるっとしたのど越し。

絶妙なコシ。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--かなくま餅

うどんがおいしいのはもちろんですが、餅がとても美味い!

さすが餅屋。

土産にあんこ餅を買いましたが、これも絶品でした。


そして、次は人気店の山下うどん店。

ぶっかけうどんをオーダー。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--山下うどん店

こちらはかなくま餅よりもしっかりとした麺。

レモンが乗っているのが特徴だそうです。

このレモンを絞って食べるとほのかな酸味が広がって

とてもおいしい。

新しい発見でした。


自分でねぎを刻むことで有名ななかむらに行ってみましたが、

警備員がついているほどすごい混みよう。。

あほらしくなってやめました。


そして、最後は釜あげうどんいわさき。

釜揚げうどんをオーダー。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--いわさきうどん店

麺はかなくま餅と山下うどんの間くらいの状態。

山下うどんが強いコシとするとちょっと強めのコシといった感じ。

甘めの出汁しょうゆにつけて食べるのですが、そのまま食べても

十分おいしい麺。


香川うどんの教訓は、有名店に行くなら朝一、もしくは行かない。

並んで200円のうどんを食べるのは馬鹿らしい。

地元っぽい店の方が雰囲気があって、会話もできるし個人的には

好きです。


最後は、瀬戸大橋をわたって本州へ。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--瀬戸大橋




名古屋から約400km。

そんなに遠くない香川。


総走行距離約910km。








三重の絶景登山

ちょっと前に三重のセブンマウンテンのひとつ、「入道ヶ岳」で登山をしてきました。

登山といっても片道約1.5時間のお手軽なハイキング。


ふもとの椿大神社で名物の「とりめし」を買うのが定番。


そして、この山の最大の魅力は頂上の芝生のような広い草原。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--入道ヶ岳頂上



そして、眺望!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--眺望


この日は天気がよく霞みも少なかったので遠くの名古屋、知多半島まで見渡せました。


とりめしを食べた後は、コーヒーを沸かしてティータイム。


そして、草原に寝転ぶと、

真っ青なスカイブル~~♪
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--そら



名古屋から近くて手軽で景色がよい。

ちょっと登山するならこの山に限ります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。