スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら咲く

自宅近くにあるお寺のヒガンザクラが満開になりました!


天気がよかったので、カメラを持って写真を撮りにいきました。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ヒガンザクラ

ソメイヨシノよりも淡いピンク色。


よく見ると、メジロが数羽来ていて、桜の蜜を

吸っていました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ヒガンザクラとメジロ


ぽかぽか陽気で暖かく、メジロも春の訪れを喜んでいるような気がしました。




写真を撮っていると、おばあちゃんが一人近づいてきて、

「桜と一緒に写真を撮ってほしい」とお願いされました。


そして、一枚。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--記念撮影

どちらかというと生垣が目立つ下手な写真になってしまいました。


写真のお代にとお金を渡そうとするのを必死に

食い止め、すぐに写真をプリントしてお渡しすると、


「この桜と写真をとる夢がかなった」

ととても喜んでくれました。


そういってもらえるととてもうれしいです。



ソメイヨシノのつぼみもほころびはじめました。

来週頃に見ごろを迎えるのではないでしょうか?



震災で沈んだ気持ちを少しでも満開の桜で明るくしたいですね。






スポンサーサイト

石榑トンネルついに開通!

三重と滋賀をつなぐ国道421号の石榑(いしぐれ)峠。


これが数年前に道が閉鎖になり、鈴鹿スカイラインの復旧中で閉鎖なので

三重と滋賀をつなぐ一般国道は1号線、306号の2本のみになってしまいました。

中でも滋賀と三重を一直線にほぼ横断できるのは国道421号でした。


「酷道」としても名高いこの峠を語る上で絶対に外せないのが、車幅制限のコンクリートブロック。

(「車幅制限 ブロック」で検索したらしっかり出てきます。お試しを。。)


2005年に通行したときの石榑峠の様子。

三重県側のふもとにひとつ、

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--過去の石榑峠
ふもとのブロック


頂上にもうひとつ設置されています。


頂上のブロックを通行する様子。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--過去の石榑峠
ミラーをたたまないと通行できない難所。

ブロックには幾多の傷が刻まれており、通行の厳しさを物語っています。

頂上にいるとブロックの存在を確認して引き返す車もたくさんいました。



あれから5年。

26日の朝、たまたまラジオを聴いていたら「石榑トンネルが今日開通します」との情報が!!

これは行かねば!ということで、

石榑トンネルの初通行に行ってきました。


石榑トンネルの開通を告げる電子掲示板。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--電光掲示板

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--電光掲示板

そして峠に近づくと開通待ちの長い車列が!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--開通待ち


そして、3月26日15時、石榑トンネル開通!! 


三重県側です。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--石榑トンネル三重県側出口
トンネル脇には工事関係者が通行を見守っていました。



そして、トンネル内の様子。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--トンネル内
さすが新道、とってもキレイです♪

対向車も見え始めました。

4km以上の長いトンネルです。



滋賀県側。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--石榑トンネル滋賀県側出口

あたり一面が銀世界!

バイクでこんなコンディションの中を走るのは初めてでした。

気温は0~1℃。

指先の感覚がみるみるうちになくなっていきました。



本当はこのトンネルの北にある306号の峠越えをして帰る予定でしたが、

同じような状況だと困るので引き返しました。




このトンネルの開通により、一般道での名古屋から滋賀への通行がとても良くなりました。


滋賀県側には紅葉で有名な永源寺やNHKの大河ドラマの影響で話題になっている近江八幡への

アクセスがぐっとよくなります。


石榑峠は、閉鎖されたまま廃道になりそうなのであの名物コンクリートブロックを普通に見ることができなくなり

ちょっと残念です。

これからは荒れに荒れて「廃道マニア」の格好の標的となるでしょう。。



旅のキーワード

石榑峠

石榑トンネル

永源寺

近江八幡

酷道

廃道

桜の季節ですね


東北の地震の影響で、色々と自粛ムードが高まっているためか街を歩いても

人がすごく少ないような、そして少し寂しいような気がします。


被災地のことを考えて浮かれるような行動は慎むべきと思いますが、このまま

自粛ムードがこのまま続くのは好ましくないと思います。


もうすぐ桜の季節です!


すでに開花し始めていますが、今週末くらいから各地で桜が楽しめる時期になってきました。

去年は山梨の身延山の枝垂桜(突発!山梨ドライブ

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--しだれ桜

武田神社から見た甲府市内の夜景もきれいでした。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--武田神社

そして、

日本一と言われる吉野山の桜(吉野山桜サイクリング

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--一目千本



このほか京都もお勧めですが、中でも京都御苑

が観光客が少なくて、見ごたえのある桜が多くてイチオシです。




いろんな意見があるかと思いますが、

こんなときだからこそ、桜を見て少しぱーっと明るくしたい、

と私は思っています。



旅のキーワード

吉野山

京都御苑

身延山



東京で地震に遭った 当日の状況

今後の地震や都市災害の教訓として、地震当日の東京の様子を綴ります。



渋谷駅の改札を通った直後、「すこし揺れてるな」と思った。

初めは電車に由来する揺れかと思ったけど、何か様子がおかしい。


その後、どんどん揺れは強く。

つかまることのできる柱のそばに行き、頭上に何もないことを確認。


構内から見える信号や電柱、ビルがものすごく揺れていました。


揺れがおさまって、構内アナウンスで電車の運休が告げられる。


歩いていると幾度となく余震。

宮益坂では、ビルから避難で出てきた人や車の通る中を中央分離帯付近に集まる人がいっぱい。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--地震直後の渋谷

周りの人たちは携帯電話で電話を掛けようとしたり、情報を得ようとしたりしていた。

つながりにくいという声がたくさん聞こえてきました。



今晩の宿は友達宅。


行きたいものの、地下鉄の復旧めどがまったく立たない。

歩かなければいけないけど、道が全く分からない。

バスに乗りたいけどどこに行っていいのかも分からない。


最寄だった表参道交差点の交番でおまわりさんに道とバスをたずねようとしたら、

ものすごい不機嫌な表情で、まるで面倒なものを扱うかのように、こちらの言葉をさえぎるように

指をさして「この通りをまっすぐ行けばいい!」と吐きすてるようにあしらわれてしまいました。

道を尋ねる人が殺到して気がたっているのは仕方ないと思いますが、あのような対応はどうかと

思います。

あの警察官の態度は本当に腹立たしい限りでした。


もう一度聞ける空気でもなかったので仕方なく指をさされて教えられた方向に

人の波にしたがって歩いて新宿を目指しました。

とりあえず新宿駅まで行けばバスがあるはず!との思いがありました。


新宿駅に向かう明治通りは人に溢れ、車道もものすごい渋滞。

途中のバス停もものすごい行列でしたが、その前を寿司詰め状態のバスが通り過ぎます。

しかしバスは渋滞でほとんど動かず、徒歩のほうがよっぽど早いくらいでした。

途中のコンビニには人が殺到し、ものすごい行列ができていました。


新宿駅に到着して、バスターミナルの場所を聞いて行ってみましたが行列を見て愕然。

いつになったら乗れるのか分からない状態。



さらに池袋まで行ってバスに乗る手もありましたが、同じような状況が予想されたので、

とにかく都心部を離れることに。


明かりのあるところで、座り込んでじっくりと地図を眺めます。

現在地と目的地を確認し、なるべく人通りが少なそうでバスにも乗れそうな経路を探しました。

まさか、このようなところで旅で培った地図を読むスキルが使えるとは思いもしませんでした。


表参道から約3.5時間、練馬駅に到着。

一か八かの賭けでしたが、ここから目的地へのバスが出ていることもわかりようやくほっとしました。

さらに1時間待ってようやく友人宅へ。


友人宅で初めて地震の惨状を確認しました。



都市災害で怖いと思ったのはとにかく集中。


公衆電話、公衆トイレ、バス、タクシー、コンビニ、、

全てに人が集中して大混乱。

歩いてお腹が減ってきたので途中でコンビニによりましたが、パンとおにぎりはどこも全て売り切れ状態。

これは震災からたったの5-7時間後の出来事です。



そして、今回頼りになったのが地図とシンプルな携帯電話。


都会の人は普段電車に乗りなれているため道を知らない。

そのため、主要道路はすごい混雑でした。

地図を頼りに路地にはいると全く混雑なし。

ショートカットを繰り返して、目的地にいち早くたどり着くことができました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--地図


たった714円の小さな文庫版。

小さな地図でしたが、これがないと絶対に

たどり着けませんでした。



たどり着けなかったときは、その辺で寝ることも

覚悟していました。

もしかすると、旅の本屋で買った「野宿入門」に本当に頼ることに

なったかもしれません。(帯のように楽しい状況ではないですが…)
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--野宿入門



翌日知りましたが、携帯電話用の電池式充電器がほとんど売り切れ状態でした。

自分の携帯が電池の持ちの良いシンプルな機種だったため友人に逐次現在地をメールで送信することが

できました。もしもスマートフォンなどに変えてしまっていたら、おそらく友人宅にはたどり着けなかった

と思います。








東京で地震に遭った

先週の金曜から今日まで、東京に行きました。


2年ぶりの東京観光で、


大好きな漫画「こち亀」の舞台である亀有に行き両さんに初めて出会い、

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--両さん銅像


新名所のスカイツリーをいろんな場所から見学し、

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--スカイツリー

街中の通りにて。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--スカイツリー

建設現場直近にて。



ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--スカイツリー

建設現場直近の橋にて。



ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--スカイツリー

吾妻橋にて。


前からすごく興味のあった江戸切子のグラスを購入することができ、

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--江戸切子



休憩した公園では、「ぽんた」というかわいらしい

柴犬のこどもにであったり、
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ぽんた

浅草寺に参拝し、六区も通り、

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--浅草寺

浅草寺参門にて。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--浅草演芸ホール

六区(浅草演芸ホール前)



ずっと行きたかった旅専門の本屋「のまど」にも行くことができ、



天気も快晴で最高だーっ!












…と思っていたらまさかあんな出来事に遭遇するとは思いませんでした。。



続く。


日本酒と旨い魚!

先週末、お世話になっている酒屋主催の「日本酒と寿司を楽しむ会」

に参加しました。


お酒は、玉泉堂酒造の醴泉シリーズ。

しかも!社長がご参加されており、直々にお酒のことをご説明してくださいました!

出てきたお酒は確か6か7種類。


ウェルカムドリンクは、活性にごり。

シュワシュワしてさわやかなのど越しですが、味はしっかり。


そして、普段だと絶対に飲めない純米大吟醸まで楽しめました!

本醸造の熱燗はやっぱりほっとする味。


そして、日本酒と合わせるおすしはこんなにいっぱい↓

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--日本酒の会お品書き


本マグロからあわび、山菜のこごみまで。

バラエティに溢れるメニューでした。

寿司を食べながら日本酒を飲んで、

まさに至福のときでした…



山登りに行きませんか?

3月19日(土)


鈴鹿セブンマウンテンのひとつ、「入道ヶ岳」に登ります。


登頂まで約1.5時間なので、登山初心者も大丈夫な

ハイキング感覚で楽しめる山です。


待ち歩き用のリュックサックと運動靴でもぜんぜん大丈夫!


こんな手軽な山なのに、この山は素晴らしい景色を見ることができます!



天気がよければこんな感じ!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--入道ヶ岳

伊勢湾はもちろん、知多半島まで見える!!




そして、この山のもう一つの特長、

頂上には広い草原が広がります。



寝転がって空を眺めればこんな感じ!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--入道ヶ岳

まさにスカイブルーー♪





ふもとの椿大神社で味付けが美味しい名物の「とりめし」を買って

頂上で景色を眺めながら食べませんか?



下山後は三重の美味しくて珍しいご飯を食べて、片岡温泉で掛け流しの温泉を楽しむ予定です。

興味のある方はコメント下さい!



旅のキーワード

鈴鹿セブンマウンテン

入道ヶ岳

椿大神社

とりめし

片岡温泉

今年の梅見の結果は?


2月26日、

梅の本数が一万本以上という関西随一の梅の名所「月ヶ瀬」に行ってきました。


去年は初めての梅見で、満開の梅を見て感動しました。

桜と違って花期は長く、紅白など色彩々の花の色、そしてほのかな香りを

楽しめるのがとても魅力的です。


ちなみに去年の様子がこれ↓
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--月ヶ瀬梅林


過去のブログにもアップしています。


和歌山の南部の梅林が満開ということだったので、今年も期待!


が、


今年はまだ大分早かった…

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--月ヶ瀬梅園


そういえば、去年見に行ったのも3/14でした。


救いだったのが、5分咲き以上だった黄色い花が特長の蝋梅(ろうばい)。

蝋梅特有のとてもいい香りを放っていました。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--月ヶ瀬梅園

つぼみは着実に大きくなっており、
これからという感じでした。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--月ヶ瀬梅園


2011年の見ごろはやはり3月中旬頃になりそうです。



もの足りなかったので、三重の枝垂桜の名所の「結城神社」に立ち寄ってみました。


昔三重に住んでいましたが一度も行ったことはありませんでした。


どうせ小規模だろうとなめていましたが、
遠方からの観光バスもたくさんきていてかなりにぎわっていました。


境内には5-7分咲きの見事な枝垂梅。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--結城神社


鮮やかな紅の枝垂梅にはミツバチもやってきていました。

春の訪れを感じさせる光景でした。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--結城神社



結城神社の梅の庭園はまだ3分咲きくらいだったので、

やはり来週くらいが見ごろになりそうです。



ちなみに今回の撮影に使ったのはミノルタ最高峰のボケ味を出すSTF135mmでした。

重くてAFできないし、合焦もわかない素人には手強いレンズでした。。



旅のキーワード

月ヶ瀬梅林

結城神社


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。