スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィークの旅 2011年

今年も行ってきます!



別府で湯煙を見たい、

一番好きな景色のある阿蘇・九重に行きたい、

そして長崎に行きたい、



全部行ってきます。



行程は未定、宿も未定。


けど、宿が取れずに無人駅で寝るのはもう勘弁ですが(笑


無事に帰れるように安全運転で行ってきます~




スポンサーサイト

松本城と満開の桜

琵琶湖に引き続き、松本城にも行ってきました。


桜はちょうど満開を過ぎた頃。

風に舞う桜の花がお堀を白く染め始めていました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--松本城のお堀


青空に映える松本城と遠くには雪をかぶった山々が

見えます。地元の姫路城にはない松本城らしい魅力的な光景。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--松本城


松本城内の窓から写真を撮ってみました。

地味ですが、お城の窓越しに満開の桜を眺めるのも

なかなかのものでした。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--松本城内からの桜


城内のベンチには、地元の人と思われる人たちが

ぽかぽか陽気のなか桜とお城を一緒に楽しんでいました。



お城と桜の組み合わせはやっぱり最高!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅-





琵琶湖から三方五湖、松本城と桜三昧の週末でした!

琵琶湖、桜満開!

週末、天気もよく桜がよさそうだったので琵琶湖に行ってきました。

琵琶湖キャンプ がとても楽しかったので、今回もキャンプを絡めることに。


前回泊まった海津大崎キャンプ場は、花見シーズンのためキャンプを断られたので

急遽、湖西の六ッ矢崎浜キャンプ場にしました。



キャンプ場に行く前にマキノの吉田酒造で日本酒の買出し。



サイトは乗り入れ可のフリーサイトで自由度の高いキャンプ場です。

直火ができないので、ユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」 を初稼動。


夜はバーベキューを楽しみました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--キャンプ風景

ナスの炭焼きがジューシーでとても美味しく、近くの酒蔵で買った日本酒が

体を温めてくれました。

ファイアグリルは椅子に座ったままいろいろできるちょうどいい高さでとても

使いやすく、炭もキレイに燃やし尽くしてくれました。



翌日は快晴!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--キャンプ場の朝


青空全開で桜も満開。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--海津大崎の桜

日本のさくら名所百選の「海津大崎 」おそらく今年一番いい時期に桜を見ることができました。


湖岸沿いの道路も桜のアーチ

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--桜のアーチ


キラキラ光る琵琶湖とお花見遊覧船で湖からお花見をしたり、


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--お花見遊覧船


カヌーやボードでゆったりと楽しむ人も大勢いました。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ボートで花見


10時以降は道路(一方通行規制がされています)も、湖岸を歩く人の波も

多くなるので、それよりも前に訪れることをお勧めします。


春は花見、夏は湖水浴、湖周りの湖岸道路もドライブにはとっても快適です。

琵琶湖は1年中楽しめるスポットと行っても間違いないと思います。



旅のキーワード

海津大崎

吉田酒造

六ッ矢崎浜キャンプ場


ゼルビスオーナーズクラブ、伊豆ツーリング

毎年恒例のX.O.C(ゼルビスオーナーズクラブ)の春オフにいってきました。


初日の予報は雨。


名古屋で雨があがったのを確認して出発しましたが、結局雨雲を追うかたちになり、

結局降られました。

新調したMILLETのレインコートが威力を発揮しました。

ただ、靴の中はしっかり浸水していました。。


夜にはすっかり雨があがって、みんなで楽しくバーベキュー。

そして、夜には持ち寄りの品でビンゴ大会!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ビンゴ大会

この暗さにはちょっとした理由があります。

(記事の最下段をご覧下さい!)



毎回お酒を景品として持って行きますが、今回は車坂の活性濁りを持っていきました。



夜はいつものようにバイク談義に花を咲かせて、夜遅くまで語り合いました。



翌日はすっかり晴れ!


有志で集まってバイクを並べて集合写真!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ゼルビス集合
今回はちょっと少なめでした。




伊豆の桜は毎年この時期にはと散ってしまっていますが、今年は満開でした。

川沿いに咲く松崎の桜は菜の花とともにとてもキレイでした。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--松崎の桜

愛車とのツーショットも♪

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--松崎の桜

帰りには由比漁港の浜のかきあげやに寄って、桜えびどんぶりを食べました。

やっぱり桜えびはウマイ!

やっぱり香ばしさが違いますねー。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--さくらえびのかきあげ丼

本当は由比丼を食べたかったのですが、残念ながら売り切れでした。

浜名湖サービスエリアも桜満開!

ぽかぽか陽気でのどかな雰囲気でした。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--浜名湖サービスエリア

今回は震災の影響で開催自体が危ぶまれました。

しかし、自粛しても何にもならない!という結論から予定通り開催されました。


ビンゴ大会で暗くしているのは「少しでも節電を」との思い。

各人がライトなどを持ち寄って夜は一切電灯をつけませんでした。


この時期、伊豆はもっと人が多いのですが想像以上に人が少なくびっくりしました。

計画停電の影響かトンネルの照明まで消されており、「ここまでやるか?」という思いでした。


人出が少なくなり、観光がメインの伊豆は本当に危機的な状態だそうです。

(震災後、オーナーの宿もキャンセルが相次ぎ、本当に大変だったそうです)

このような状況でもオーナーは宿泊費の一部を義援金にするということまで行っています。


観光で生活している人達もたくさんいます。

自粛せず、こんなときこそ観光して楽しくお金を使いましょう!!


東北の酒やつまみを買ってお花見を楽しみましょう!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ステッカー

北海道 2泊3日 どこへ行く?







2泊3日で、1日目は札幌で一泊、あと二日間どこかお勧めは?

というご相談がありました。


3日目の飛行機に無理なく間に合って、札幌周辺を拠点に

することを第一にしつつ、北海道をしっかりと楽しめるコースを

考えてみました。



お勧めコースは、2箇所です。

1.富良野・美瑛

2.小樽・積丹


いずれもレンタカーを借りて車で移動することを念頭に入れています。


1.富良野・美瑛

こちらはまさに北海道!という景色を楽しむことができます。

おそらく、日本の他の地方では全く見られないと思います。


ブログタイトルにも使っているジェットコースターの道

田園風景を向こうが見えないくらいの一直線の道。

一気に下ってそして一気に登る本当にジェットコースターのような道。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ジェットコースターの路(美瑛)

車で周るのもいいですがレンタサイクルを借りて、

観光ロードマップを持って「丘の街」をゆっくりと散策して、CMに使われた

本当に「画になる風景」をめぐってほしいです。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--美瑛


まっすぐ続く道、牧草ロール、じゅうたんのように広がる広い畑。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--牧草ロール

牧草ロール


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--美瑛の田園風景

美瑛の田園風景


多分、初めて行く人はどこを周っても感動モノでしょう。


「北の国から」が好きでしたら富良野もいいと思います。

撮影地がいたるところにあります。

私は「北の国から」を見たことがないので、全く興味が湧きませんでした。。

景色だけでいうと、美瑛のほうが個人的には好きですしお勧めしたいです。


海鮮モノは期待できませんが、農産物が美味しいので道の駅などでカットメロンを食べたり、

生で食べられるとてつもなく甘い幻のとうもろこし「ピュアホワイト」がお勧めです。

スープカレーやソフトクリームも美味しい店があったりします。



2.小樽・積丹

北一硝子やチーズケーキで有名なLeTAOがあってショッピングや食べ歩きも楽しい。

歴史ある建物や倉庫を改装したカフェなどがあったりします。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--小樽の倉庫


人力車に乗って街のことを解説してもらいながら周るのも楽しいかもしれません。

小樽は寿司も美味しい!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--小樽の海鮮丼

写真の海鮮丼は宿の人に教えてもらったガイドブックには載っていない店。

どの具材も最高に美味しかった!


寿司屋通り というところまであったりします。


夜の小樽運河はもちろんはずせません。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--小樽運河の夜景

幻想的な夜景を楽しむことができます。

小樽に一泊するのもいいかもしれません。


積丹は、シャコタンブルーと呼ばれる海の青さが素晴らしい。


積丹半島の代表的な岬、「神威岬」から眺める海と海岸線は、

雄大な北海道を感じることができます。

いろんな岬を巡ってきましたが、この場所は中でも見ごたえがある部類だと思います。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--神威岬



ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--神威岬

岬の先端に続く遊歩道。

歩道の絶景が続きます。


この辺りはウニが名物。ぜひいただきましょう!!

まだ時期的に生うにが食べられるかもしれません。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--生うに丼





いかがでしたでしょうか??

本格的にコースプランを組んでみませんか?

ご相談をお待ちしております!

ゴールデンウィークの旅先は? 富山が断然お勧め!!

ゴールデンウィークの旅先は決まりましたか?


海外もいいですが、日本の素晴らしさも楽しんでみませんか?


ゴールデンウィークは何といっても富山がお勧めです!


やっぱり外してはいけないのは、「雨晴海岸」

富山湾越しで立山連峰が海の上に浮かんでいるように見えます。

この時期は雪をかぶっているのでなお見ごたえが増します。


ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--雨晴海岸

ちなみに、2000m級の山々を海越しに眺められるのはこことチリの世界で2箇所だけだそうです。


また、国道8号線を東に向かって走ると立山連峰を目の前にどーんと見ることができます。

思わず見とれてしまいそうな美しい山容です。


そして、ここもできれば行ってほしい「称名滝」


落差は東京タワーよりも高い350mで日本で一番高い滝です。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--称名滝


この時期は道路が開通したばかりで周囲に雪がたくさん残っています。

川の上にはまだ雪が残っている状態でした。


ベンチなんかは姿が見えません。



そして、水量の多いときだけに現れる、幻の滝「ハンノキ滝」が雪解け水のおかげで

高確率で出現していると思います。(写真の右手の滝)

落差は約500m。もちろん日本一ですが、水量が少ないときは現れないので公式には認められていないそうです。




この時期はやっぱり「ホタルイカ」

新鮮なホタルイカの旨さはもうなんともいえません。

滑川の道の駅「ウェーブパークなめりかわ」で食事からお土産まで一通りあります。

試食ができるのでお勧めです。

刺身が美味しいのはもちろんですが、沖漬けの旨さも最高です。


ホタルイカの身投げと呼ばれる現象がこの時期に見られます。

何と、ホタルイカを浅瀬ですくうことができるのです!!


懐中電灯で水面を照らしながらホタルイカを探す人々の様子。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ホタルイカ採集風景

時期がよければ面白いようにホタルイカを捕ることができるそうです。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--ホタルイカ
捕獲されたホタルイカ。

獲ったものをその場で沖漬けにしている慣れた人もいました。


最後に、運がよければ魚津で「蜃気楼」を見ることができます。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--魚津の蜃気楼

ウェブページ で過去の記録を見ることができますが、年によっては見られないこともあるそうです。


私は2006年に能登半島をツーリングした際、キャンプ場であった人に教えてもらい偶然見ることができました。

そのときの蜃気楼はBランク (魚津蜃気楼はA~Eにランク付けされています)という貴重なものでした。

(その年のAランク発生は1回、Bランクはこのときの1回だけでした)



ほかにも砺波のチューリップとかみどころがたくさんあります。


ゴールデンウィークは富山に行ってみませんか?

外れはないですよー。

旅のキーワード

雨晴海岸

称名滝

ハンノキ滝

ホタルイカ

ホタルイカの身投げ

蜃気楼


行ってみたくなった!

けど、実際にどうやって周ればいいのかわからない。。

どれくらいの日程でたのしめるのか分からない。。


そんな方は、ぜひお気軽にご相談下さい!

自走で得た生の情報に基づいて、

ラフプランを3日以内にご提案いたします。



お問い合わせ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。