スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の九州ツーリング 高千穂の夜

その晩は、ユースホステルの案内により高千穂神社の観光神楽を見にいきました。


高千穂の夜神楽は国の重要無形文化財で、11月末~2月にかけて行われるそうです。

観光神楽は夜神楽三十三番のうち代表的な4番だそうです。


(1)手力雄の舞
(2)鈿女の舞
(3)戸取の舞
(4)御神躰の舞


ちなみに毎晩20:00-21:00で365日休み無しで、お客が1人であっても行うそうです。


思ったより人がいっぱい集まっています。

会場は満員状態でした。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--高千穂神社の夜神楽

観光神楽といっても内容は充実していました。


神楽が始まりました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--高千穂神社の夜神楽


神話のことがさっぱり分からないのでいまいち面白さが分からずに残念。


分からずとも盛り上がるのが4番目。

神様が舞台から観客側に乱入してきます。


男の神は女性に、女の神は男性に、めぼしをつけて抱きついてきます!


写真は女の神ですが、腕がたくましいです。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--高千穂神社の神楽

ちなみに中身はどちらも男性。

女の神役の方がお得かも(笑


神楽を見終わって、ユースに戻ってからは

東京のヒッチハイカーと愛媛のチャリダーとの話が盛り上がりました。


きっかけは、チャリダーが旅先で話しかけられることがないと話し始めたこと。

原因を探っていくと、『旅感』が全身から感じられないのでは?

との結果に至りました。


私もスーパーで買い物を追えて荷造りをしていたら缶コーヒーをもらったり、

一休みしていたら話しかけられたりすることが多々あります。


『旅感』は重要かもしれません(笑



旅のキーワード

高千穂神社

観光神楽

夜神楽







スポンサーサイト

琵琶湖畔でキャンプ!

週末、天気が好転したので以前からやりたいと思っていた琵琶湖キャンプを急遽行いました。

キャンプ地は琵琶湖の北部にある海津大崎キャンプ場。


利用料金が安く静かで無駄な設備がない使いやすいキャンプ場です。



テント設営&宴会準備完了!

すぐそばまで琵琶湖が迫っています。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--キャンプ準備


念願のさんまを食べました!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--さんま

美味しそうな焼き色です。


ちかくにいたキャンパーに「キャンプでさんまって珍しいですねー」と

言われて初めてキャンプで食べるのは一般的ではないと気付きました(笑


ついでに連子鯛も。

なぜかエリンギも一緒に焼いてます。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--連子鯛

こちらもキャンプらしくないかもしれません。

炭火で焼く連子鯛も絶品でした。


そして、最後に焼き芋・焼きりんごをつくりました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--焼き芋

焼き芋はホクホク、焼きりんごは甘みが凝縮してとても美味しかったです。


深夜のトンネルを撮影しました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--トンネル

とりあえず何も写っていなかったので一安心です。


琵琶湖の景色3連発!


陽が沈む前

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--海津大崎からの琵琶湖


夕焼け空
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--海津大崎からの琵琶湖


夜景

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--海津大崎からの琵琶湖


琵琶湖の北端は水がきれいでとてもオススメです。


翌日は奥琵琶湖パークウェイへ。

ここからは琵琶湖が一望できます!!

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--奥琵琶湖パークウェイ


滋賀・関西ライダーのツーリングポイントでもあります。

この日はハーレーとカタナの大集団に出会いました。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--奥琵琶湖パークウェイ


お土産は滋賀名物のサラダパン(たくわん入りのパン)と

サンドウィッチ(魚肉ソーセージ入りのパン)

どちらも平和堂で購入しました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--サラダパン


旅のキーワード

海津大崎

奥琵琶湖パークウェイ

サラダパン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。