スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀の紅葉

今日、滋賀県に紅葉を見に行ってきました。

訪れた場所は主に湖東地区です。



現在の紅葉状況です。


湖東三山周辺


色付き初め。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--胡宮神社

で緑色の葉がほとんど。

まだまだこれから。

12月上旬頃が見頃?



永源寺付近


見頃。

緑色の葉もあるが、全ての葉が色付き。

黄・橙・赤と様々なな色が楽しめる状態が、まさに今。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--永源寺

燃えるように色付く最盛期は、11月下旬頃になりそう。


もちろん、既に真っ赤に色付いている木もありました。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--永源寺



京都だと激混みの中、流れ作業のように写真を撮り、疲れるだけになりがちですが、

果たして本当に紅葉を楽しめるのかは謎です。


京都に匹敵する古い歴史を持つ滋賀県。

どちらかというと華やかな京都とは違って、渋い奈良のイメージに

近い雰囲気です。


今年3月に石榑トンネルが開通した ので名古屋からとてもアクセスしやすくなりました。

落ち着いてゆくりと紅葉を楽しみたいのでしたら滋賀がイチオシです!



スポンサーサイト

関西一のススキの名所

曽爾高原に行ってきました。


穂はやや開き気味でしたが、まだ鑑賞に堪えられる状態でした。


一面に広がるススキ野原を縫うように散策路が整備されています。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--曽爾高原のススキ


風が吹くたびにサワサワと気持ちの良い秋の音が

聞こえます。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--曽爾高原のススキ


散策路を約1kmほど歩くと、、

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--曽爾高原のススキ


眺めの良い尾根沿いに登頂できます。
ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--曽爾高原のススキ

夕方までいる余裕がなかったのですが、

夕日に照らされて黄金色に輝くススキの穂が

すばらしいそうです。


一度はぜひ訪れていただきたい場所です。

旅のキーワード

曽爾高原

ススキ




山形に行ってきました。

すでに先週のことですが、ふらっと山形に行ってきました。

同行者の方には申し訳ないのですが景色はイマイチだったかもしれません。


けど、温泉と食には大満足でした。



鶴岡のとある寿司屋にて。

ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--刺身盛り合わせ

旅先で出会った方にご馳走していただきました!

このほかにもお寿司まで。

特にネギトロ巻きが最高でした。


超豪華すぎて胃がびっくりしていました。

イタリア旅行に行ってきました。

ボンジュルノー!!

15~23日にかけて会社の休暇を利用してイタリアに行ってきました。

修学旅行以外では、初めての海外。


旅行会社で航空券のみを手配しての個人旅行でした。


旅行の行程


15日 日本出国

16日 ミラノ着⇒バローロ(ワイナリー)⇒アルバ(白トリュフ祭り)

17日 宿付近を一日中散歩

18日 バルバレスコ(ワイナリー)⇒ゲンメ(ワイナリー)⇒フィレンツェに移動し市内観光

19日 フィレンツェ市内観光

20日 フィレンツェ⇒ローマに移動 ⇒サンピエトロ大聖堂

21日 ローマ市内観光

22日 イタリア出国

23日 日本帰国


まともに飛行機に乗ったことがないので乗り継ぎなど非常に不安でしたが、

何とかなるもんです。


16~18日にかけては、北部イタリアのワイン産地巡り。

ひょんなことから知り合ったワイン会社の方にコーディネートしていただき、普通のツアー

ではいけないようなところに行ってきました。


18日午後以降のフィレンツェからは完全にひとりぼっち。

英語もつたないので非常に不安でしたが、やっぱり何とかなるもんです。



北部イタリアは田舎を中心に。

レンガ造りの家とブドウ畑が広大に広がる景色で非常にのんびりとした雰囲気でした。

ワインも一緒にでてきた地元のチーズやサラミもとても美味しかったです。

白トリュフ祭りに行くことができたのがすごい貴重な経験でした。


フィレンツェは駅前に大きな教会があり、中心部にもとても大きな聖堂がどーんと建っていて

日本ではまず見られない風景でした。迷いながらの街歩きはとても楽しかった。

観光ポイントは非常にコンパクトにまとまっていて、迷っても中心部の聖堂さえ分かれば

何とか歩けるのでとても安心でした。

今回食べられなかったフィオレンティーナ(フィレンツェ牛)、レザーショップ巡り、街歩きとも

まだまだ満足できませんでした。

ぜひ再訪したい場所です。


ローマは駅を降りてすぐに思ったのはフィレンツェよりも人の流れが早い。

一言で言うと「混沌とした」感じでした。

トレヴィの泉やサンピエトロ大聖堂など有名なところは特に人が多かったです。

印象。物売り、物乞いも非常に多かったです。

地下鉄に乗ったりスーパーで買い物をしたりとちょっと違った楽しみ方をしてきました。


1000枚近くの写真(大半がつまらないもの)を撮ってきましたので、順次アップしていきたいと思います。



ばんちゃんの旅案内 -日本全国自走の旅--サラミとチーズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。