スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国道421号は沿線は見どころいっぱい!

自走旅人、ばんちゃんです。

石槫峠開通後してしばらく経ちました。(2011.3.26開通
石槫峠開通


改めて国道421号の沿線をしっかりリサーチしながら走ってみました。

三重側を抜けたところから順を追ってレポートします。


まず、最初に現れるのがひろせ屋酒店
池田キャンプ場のすぐ近くにあり、滋賀の地酒が豊富。
おいてある銘柄もなかなかでした。
不老泉がおいてあるあたりはとても好みです。

次は京の水
鈴鹿山系からの湧水です。
控えめな看板にもかかわらず、いつも水汲みに来ている人が結構たくさんいます。

永源寺ダムを右手に見て走りながら現れるのが永源寺
永源寺

紅葉の時期の込み具合は半端ないです。
夜間にライトアップされますが、なぜか人が少なくライトアップした紅葉が見たい方にはとてもおすすめ。
このあたりは寒いので、紅葉は滋賀県の一般的なところより10日ほど早そうです。

永源寺の付近はそばやこんにゃくが有名。紅葉の時の混み方は酷いので、純粋に楽しみたい場合は時期をはずすといいでしょう。


少し行ったところには池田牧場
イタリアンジェラートが有名です。
売り切れると早く閉まるので注意が必要です。


細いくねくねした道を対向車に注意しながら走ると次に現れるのがヒトミワイナリー
にごりワインという無濾過で酵母や食物繊維をそのまま残す製法で作られているそうです。
ワイン酵母を使ったパン工房もあり、モチモチでとてもおいしいパンでした。
美術館やカフェも併設しているのでゆっくりしたい方にもお勧めできます。

今度は日本酒蔵元の喜多酒造。主要銘柄は喜楽長です。
残念ながら直売や見学はやっていないようです。
さきほどご紹介したひろせ屋酒店で購入可能です。

次はお酒やワインのおつまみになるハム製造の関西ハム
自家製のハムや近江牛を扱っています。
お手軽価格のスライスを買いましたが、あっさりとしていますが肉のしっかりとしたうまみとかみごたえがあり、
ワインにもピッタリでした。

またまた日本酒の蔵元畑酒造です。代表銘柄は大治郎です。
滋賀県の地酒の祭典でびわこ賞を獲得した実力派の酒蔵です。
残念ながら蔵見学は受け付けていないようでした。。


421号沿いは逸品が多く潜む国道だということが今回の旅でわかりました。
スポンサーサイト

テーマ : 一人旅 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。