スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ炊飯術 クッカーでだれでも簡単にお米を炊く

今回は、キャンプで使えるコッヘルでの炊飯術をご紹介します。
飯ごうがなくてもコッヘルさえあればキャンプで炊飯が可能です。
炊飯ははじめチョロチョロなかパッパという火の管理が必要で面倒なイメージがありますが、
私の炊飯術は面倒なことをやらなくて簡単に炊ける「ズボラ式炊飯術」です。

用意するもの

お米:米とぎをする時間と水が勿体ないので無洗米がベター
ストーブ:お米を炊くときに使用。(ガスが途中で切れないように)
コップ:お米と水の計量に使います。
クッカー:お米を炊く。炊きたい米の量が十分に入るものを使います。



お米を量る
まず、自宅にあるお米計量カップで1合を量ります。
コッヘル炊飯 お米を量る

量った米を実際にキャンプで使っているコップなどの容器に移しかえます。
この時のポイントはコップの内側のどの辺りが1合のラインなのかを覚えておくことです。
コッヘル炊飯 お米の量を見極める2
ちなみに私が使っているsnowpeakのチタン製マグ300mlは内側に見える2つ目の溶接ポッチが約1合のラインになります。
コッヘル炊飯 お米の量を見極める1

なお、お米の量を正確に量らなくても別に構わない。
という人はこの工程は必要ありません。

水を量る
お米を量ったコップを使って水を量りましょう。
炊飯に必要な水の量り方は指の第一関節までとか手首までとかよく言われていますが、とても面倒です。
コッヘル炊飯_水の量
水の量はお米と同量よりやや多めです。目安は1.5倍くらいです。少ないと芯が残るのでこれはある程度多めで
いいと思います。
多すぎた場合は、思い切ってお粥にしてしまうのも有りです。芯のあるごはんはちょっとつらいです。


吸水させる
お米に十分吸水させます。だいたい30分が目安です。
コッヘル炊飯_吸水
この間にテントを設営したり、寝床を作ったり、温泉に行ったり、別の調理の準備をしたりしましょう。
キャンプ場につくのが遅くなってしまい、30分も待てない!
そんな人のための裏ワザがあります。
水を少し温めてお湯にするとお米の吸水時間を短縮できます。
基本的にはじっくりと耐えるのが一番お勧めです。

炊飯準備
ふたの上に重りを乗せます。
コッヘル炊飯_重り

これも先ほど使ったコップに水を入れて重りに使いましょう。
キャンプ場では石などを乗せればいいですがない場合は水を入れたコップを置きます。
これがないと圧力でふたが外れてしまいます。

炊飯開始
「ズボラ式炊飯術」はここが他の炊飯方法と大きく違います。
火力は弱火で炊飯時間は20分。
これだけです。
コッヘル炊飯_炊飯時間

途中の火力調整が一切不要です。
お米の量により多少の差はありますが、ほぼ間違いないです。
炊飯器よりも早く炊けるので、自宅でお米をすぐに炊きたいときもお勧めの方法です。

時計が無い場合は、炊飯時の音に気を付けてみましょう。
クッカーの底がチリチリと言い出したら、水がほぼなくなっている証拠です。
ここで火を止めて完成です。

蒸らし
鍋をひっくり返して蒸らしましょう。なべ底をたたいて
蓋に取っ手がついた鍋で炊飯することもあるはずなので多いのでこの工程は省くこともあります。
ちなみに今回は面倒なので省きました。


完成!
コッヘル炊飯_完成

コメの炊き上がりは、中心部を取って食べてみるとよくわかります。
今回はいい炊き上がり。お米の粒もつぶれていません。
コッヘル炊飯_炊き上がりチェック

なべ底チェック。
焦げ付いていません!
コッヘル炊飯_焦げ付きなし

キャンプで実践投入する前に必ず自宅で一度はお試しください。
自宅のガスコンロで、蓋付きの鍋があれば簡単に練習ができます。





スポンサーサイト

テーマ : キャンプ - ジャンル : 旅行

タグ : キャンプ 食べ物 料理

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。