FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砺波平野の夕日

正解は砺波平野の夕日でした。

この光景は田んぼへの水張りが終わるゴールデンウィークから稲が成長するまでの間の限定の景色です。

砺波平野

田んぼに夕日が反射し幻想的な光景を生みます。
夕日が落ちていく様子をずっと眺めていても飽きない場所です。

特に観光化されておらず、観光客はほとんどいません。
ただ、カメラマンの間では有名なようで、三脚を立てて夕日をじっと待つ方が大勢いらっしゃいました。

砺波平野一帯にはカイニョと呼ばれる昔ながらの屋敷林が広がっています。
屋敷林は、冬の寒さや夏の日差しを防ぐためのものだそうです。
各地に残っていますが、有名なのは
砺波平野(かいにょ)、
出雲平野(ついじまつ)、 
関東平野(かざがき)、
仙台平野(いぐね)


などがあります。植えられる樹種は様々でその土地ならではのようです。
いずれも高齢化、都市化、維持の問題で減少傾向にあります。

近くでみると、植えられている木はとても立派で、剪定もきれいにされていました。

夕日スポットの場所と周辺の観光



大きな地図で見る

散居村展望台がありますが、それより少し先に行った場所にカメラマンが多く集まっています。
写真を撮るならこちらのほうがお勧め。景色もダイナミックです。
ただし、柵がないことと三脚がたくさん立てられているので場所取りが少し難しいかもしれません。

砺波市はチューリップで有名なので、チューリップフェアが開かれているゴールデンウィークあたりを狙うと合わせて楽しめます。

富山県有数の温泉地である庄川温泉郷が近いため、宿泊場所として最適です。

さらに、合掌造り集落で有名な世界遺産の五箇山も近いです。

特にチューリップフェアと夕日や期間が限られています。
ゴールデンウィークが一番楽しめる時期かもしれません。


記事を書くに当たり参考にさせていただいたサイトです。
旅先でも使える情報が満載です。

砺波市観光協会

散居村

西郊民俗談話会

チューリップ四季彩館



旅の前に勉強していくと気分を盛り上げ、背景も知ることができるので旅の楽しさが120%UPします。
記事に関連する書籍をいくつかご紹介します。









スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。